生命保険業界でトップセールスになるには?

トップセールス研究室です。 今回は、 生命保険業界でトップセールスに なるにはどうしたらよいのか? 真剣に考えてみたいと思います。 私の仕事柄、生命保険業界で トップセールスの友人がとても多いのですが、 当たり前のことかもしれませんが、生命保険の営業で、成果を出すための最初の一歩は、 家族・知友人以外の人に 販売することです。 つまりは、 職域の営業であったり、 法人の飛び込み営業など、 ある一定数の顧客を獲得するまでは、 それなりのパワーと行動数がなければ、 成約することはできません。 個人事業主で生命保険を取り扱い、 折込チラシによる集客で、 うまく行っている方も知っていますが、 最近では、 街のいたるところに、 「保険の窓口」とされる店舗も 出現しており、 ここ十数年で日本の人口の総数は、 極端な増加はないとみられていますので、 競争の激化は避けられないと思います。 あくまでも、 トップセールスを狙う場合ですが、 ある程度、既契約者の方が増えてくれば、 「法人契約」にトライされることをお勧めいたします。 経営者は非常にシビアです。 会社にとって、保険というのは、 本当に必要であり、 会社が保険を選ぶ選定基準としては、 人間関係ももちろんあるのですが、 それよりも重視されるのは、 プロであること。 なぜならば、 「保険」という商品は 取り返しがつかないぐらい、 経営者にとってもかなり 責任のある決断が必要な商品だからです。 そしてやはり、縁あった保険のトップセールスの方々を見ると、法人契約を決めている方が多いように思います。 もし、 本気でトップセールスを目指したい。 という思いがあるのであれば、 「法人契約」 ぜひとも意識して頂けましたら幸いです。

法人契約を獲得するにはどうしたら良いか?

トップセールス研究室です。本日は、トップセールスになる上で欠かせない法人契約をテーマに書きたいと思います。販売する商品にもよりますが、商品には、・個人のみを相手にする商品・法人のみを相手にする商品・個人と法人両方に販売可能な商品。これらのいずれかに該当すると思います。その中で法人を相手にする、という事を見ていったとき、規模が大きな企業を開拓するほど、取引額は、大きくなる傾向にありますが、どの規模の企業も大事にしていることは、取引先への「信用」だと思います。逆にいうと、信用さえあれば、あとはこちら次第ですので、いくらでも提案し続けることが可能となります。そこで、お勧めなのは、どんなに単価の小さいもの。でも構いませんので、企業と取引をスタートすることです。もっというと、無料でも、取引と呼べるものであれば、関係をスタートさせることです。この事は、事務機器販売の営業でも成功事例がありますが、カーディラーの営業でテレビ取材を受けるほど、成果を出した営業マンも同じようなことを言っていました。かくいう、私自身も飛込み営業で新規開拓をするときは、文具通販のカタログを持っていき、無料で登録してもらい、企業との関係を構築していったものです。ご参考にして頂けましたら幸いです。