【感動/小学生の物語】なべぶた商人の話って知ってる?

ビデオ『てんびんの詩』(梅津明治郎監督、一九八八年)、俗にいう「なべぶた商人」の話を聞いたことがあるでしょうか?物語の主人公は、とある小学生。近江商人の息子です。 あらすじ近江商人とは、鎌倉時代から昭和時代にかけて活動した近江国・滋賀県出身の商人で、日本三大商人の一つでもあり、近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」という言葉は、あまりにも有名であり、売り手都合のセールスを当時から否定していた商人です。そんな近江商人の息子が、小学校を卒業する年になり、近江商人の子供たちは、近江八幡商業学校へいく。というのが、通説となっていました。そんな息子がある日、家に帰ると父から息子はこう言われます。「おまえは明日からなべぶたを売ってこい」と。もし、なべぶたを販売する事が出来たとすれば、なんと近江八幡商業学校へ行かせてもらえるというのです。(※なべぶたとは、木製の鍋のふたです。翌日から息子は、なべぶたを天秤棒に載せて、売りにいくことになりました。) なべぶた販売のスタートどうやって販売してよいか、分からない少年は、まずは、親戚や近所の知り合いを訪ね。なべぶたの販売を試みます。しかし、親しい人は誰も買ってくれません。「少年の父親に怒られる」というのです。行く宛もなく、途方にくれた少年は、半ば中学進学さえ諦めようとします。 売れた転機は、商品が愛おしくなった時そんな中で、発見したのが、川沿いに捨ててあった古いなべぶた。少年が手にとってみると、まだ使えそうでした。そして、その古いなべぶたを磨き始めるのです。そこへ通りかかったおばあちゃんが、少年に何をしているか尋ねます。少年は「なべぶたを売っているのですが、全然売れません。これを売っていた人も苦労していたのではと思うと、このなべぶたが愛おしく思えて磨いているのです」と答えると、そのおばあちゃんが、なべぶたを買ってくれたのです。 父から明かされる真実少年が家に帰ると、父親は、担いでいた天秤棒に少年の名前と日付を書きこみました。そして、奥の座敷にいき、なんと、同じような天秤棒が並んでいるのを見せてくれたのです。そこには父親の名前や祖父の名前、先祖代々の名前が書かれていたのです。実はこの、「なべぶた売り」は、この家系で代々行われたきたこと。親しい親戚、知人は皆、この事を知っていたので敢えて、心を鬼にして接してくれたのでした。※この「てんびんの詩」は、様々な企業で研修教材として活用されています。ぜひ、ご興味あれば、実際のビデオをご覧頂くことをお勧めいたします。【参考】※画像はお借りしました。「てんびんの詩 公式ホームページ」http://tenbinnouta.ciao.jp/