テスト

【感動/小学生の物語】なべぶた商人の話って知ってる?

ビデオ『てんびんの詩』(梅津明治郎監督、一九八八年)、俗にいう「なべぶた商人」の話を聞いたことがあるでしょうか?物語の主人公は、とある小学生。近江商人の息子です。 あらすじ近江商人とは、鎌倉時代から昭和時代にかけて活動した近江国・滋賀県出身の商人で、日本三大商人の一つでもあり、近江商人の「売り手よし、買い手よし、世間よし」という言葉は、あまりにも有名であり、売り手都合のセールスを当時から否定していた商人です。そんな近江商人の息子が、小学校を卒業する年になり、近江商人の子供たちは、近江八幡商業学校へいく。というのが、通説となっていました。そんな息子がある日、家に帰ると父から息子はこう言われます。「おまえは明日からなべぶたを売ってこい」と。もし、なべぶたを販売する事が出来たとすれば、なんと近江八幡商業学校へ行かせてもらえるというのです。(※なべぶたとは、木製の鍋のふたです。翌日から息子は、なべぶたを天秤棒に載せて、売りにいくことになりました。) なべぶた販売のスタートどうやって販売してよいか、分からない少年は、まずは、親戚や近所の知り合いを訪ね。なべぶたの販売を試みます。しかし、親しい人は誰も買ってくれません。「少年の父親に怒られる」というのです。行く宛もなく、途方にくれた少年は、半ば中学進学さえ諦めようとします。 売れた転機は、商品が愛おしくなった時そんな中で、発見したのが、川沿いに捨ててあった古いなべぶた。少年が手にとってみると、まだ使えそうでした。そして、その古いなべぶたを磨き始めるのです。そこへ通りかかったおばあちゃんが、少年に何をしているか尋ねます。少年は「なべぶたを売っているのですが、全然売れません。これを売っていた人も苦労していたのではと思うと、このなべぶたが愛おしく思えて磨いているのです」と答えると、そのおばあちゃんが、なべぶたを買ってくれたのです。 父から明かされる真実少年が家に帰ると、父親は、担いでいた天秤棒に少年の名前と日付を書きこみました。そして、奥の座敷にいき、なんと、同じような天秤棒が並んでいるのを見せてくれたのです。そこには父親の名前や祖父の名前、先祖代々の名前が書かれていたのです。実はこの、「なべぶた売り」は、この家系で代々行われたきたこと。親しい親戚、知人は皆、この事を知っていたので敢えて、心を鬼にして接してくれたのでした。※この「てんびんの詩」は、様々な企業で研修教材として活用されています。ぜひ、ご興味あれば、実際のビデオをご覧頂くことをお勧めいたします。【参考】※画像はお借りしました。「てんびんの詩 公式ホームページ」http://tenbinnouta.ciao.jp/

生命保険業界でトップセールスになるには?

トップセールス研究室です。 今回は、 生命保険業界でトップセールスに なるにはどうしたらよいのか? 真剣に考えてみたいと思います。 私の仕事柄、生命保険業界で トップセールスの友人がとても多いのですが、 当たり前のことかもしれませんが、生命保険の営業で、成果を出すための最初の一歩は、 家族・知友人以外の人に 販売することです。 つまりは、 職域の営業であったり、 法人の飛び込み営業など、 ある一定数の顧客を獲得するまでは、 それなりのパワーと行動数がなければ、 成約することはできません。 個人事業主で生命保険を取り扱い、 折込チラシによる集客で、 うまく行っている方も知っていますが、 最近では、 街のいたるところに、 「保険の窓口」とされる店舗も 出現しており、 ここ十数年で日本の人口の総数は、 極端な増加はないとみられていますので、 競争の激化は避けられないと思います。 あくまでも、 トップセールスを狙う場合ですが、 ある程度、既契約者の方が増えてくれば、 「法人契約」にトライされることをお勧めいたします。 経営者は非常にシビアです。 会社にとって、保険というのは、 本当に必要であり、 会社が保険を選ぶ選定基準としては、 人間関係ももちろんあるのですが、 それよりも重視されるのは、 プロであること。 なぜならば、 「保険」という商品は 取り返しがつかないぐらい、 経営者にとってもかなり 責任のある決断が必要な商品だからです。 そしてやはり、縁あった保険のトップセールスの方々を見ると、法人契約を決めている方が多いように思います。 もし、 本気でトップセールスを目指したい。 という思いがあるのであれば、 「法人契約」 ぜひとも意識して頂けましたら幸いです。

法人契約を獲得するにはどうしたら良いか?

トップセールス研究室です。本日は、トップセールスになる上で欠かせない法人契約をテーマに書きたいと思います。販売する商品にもよりますが、商品には、・個人のみを相手にする商品・法人のみを相手にする商品・個人と法人両方に販売可能な商品。これらのいずれかに該当すると思います。その中で法人を相手にする、という事を見ていったとき、規模が大きな企業を開拓するほど、取引額は、大きくなる傾向にありますが、どの規模の企業も大事にしていることは、取引先への「信用」だと思います。逆にいうと、信用さえあれば、あとはこちら次第ですので、いくらでも提案し続けることが可能となります。そこで、お勧めなのは、どんなに単価の小さいもの。でも構いませんので、企業と取引をスタートすることです。もっというと、無料でも、取引と呼べるものであれば、関係をスタートさせることです。この事は、事務機器販売の営業でも成功事例がありますが、カーディラーの営業でテレビ取材を受けるほど、成果を出した営業マンも同じようなことを言っていました。かくいう、私自身も飛込み営業で新規開拓をするときは、文具通販のカタログを持っていき、無料で登録してもらい、企業との関係を構築していったものです。ご参考にして頂けましたら幸いです。