「留意します」のNG例とお勧め文例20選

目次




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



ビジネス敬語の基本「留意します」とは? 使用法と類語解説

ビジネスシーンでのコミュニケーションは、言葉選びが非常に重要です。特に、「留意します」というフレーズは、相手への敬意と自身の責任感を表現する上で欠かせない表現です。この言葉を覚えておくといいおすすめ度は、90点です。なぜなら、相手の要望や指摘に対して、適切に反応し、信頼関係を築くための基本的なスキルとなるからです。今回は、この「留意します」という表現の意味、類語、そしてビジネスでの使い方について、分かりやすく解説していきます。

「留意します」との意味

ビジネスマンとしての体験談

私がビジネスマンとして歩み始めた頃、先輩から「細部にわたるまで留意することが大切だ」と教わりました。その言葉を胸に、クライアントの要望や上司の指示には常に「留意します」と応じるようにしてきました。ある時、プロジェクトの進行中にクライアントから細かなフィードバックがありました。その際、「留意します」と伝え、実際にそのフィードバックをプロジェクトに反映させたところ、クライアントから大変な信頼を得ることができました。この経験から、「留意します」という言葉は、ただの返答ではなく、相手の期待に応えるための行動へと繋がる重要な約束であると実感しました。

「留意します」という言葉の重み

「留意します」と伝える際には、その言葉に責任を持つことが求められます。私は、この言葉を使うことで、相手に対して自分がどれだけ真剣に取り組むかを示すことができると考えています。実際に、ある案件で難しい要求が出された時、私は「留意します」と答え、その後、要求された内容を満たすために多くの時間と労力を費やしました。結果として、その案件は成功を収め、私の「留意します」という言葉が信頼につながったのです。このように、「留意します」という言葉は、相手への敬意と自分の誠実さを示すために、ビジネスシーンで非常に有効な表現なのです。





類語や言い換え表現

ビジネスシーンでは、相手に対する敬意や意識を示すために「留意します」という表現をよく使いますが、状況に応じて類語や言い換えが求められることもあります。ここでは、そのような場合に使えるいくつかの表現をご紹介します。

類語の紹介

・「心掛けます」

 この言葉は、何かを意識して継続的に行うという意志を優しく伝えることができます。特に、人間関係を大切にする場面で効果的です。

・「注意します」

 こちらは、より強い決意を示す表現です。安全管理やルール遵守など、特に重要な事項に対して使われることが多いですね。

・「気を付けます」

 一般的で幅広いシチュエーションに適用できる表現です。柔軟性があり、どんな相手にも使いやすいのが特徴です。

言い換え表現の使い分け

これらの言葉を使い分けることで、相手に対する敬意や自分の意志をより適切に伝えることができます。例えば、上司に対しては「心掛けます」という表現を使って柔らかい印象を与えつつ、意識していることを伝えると良いでしょう。一方で、安全に関する重要な指摘を受けた場合には「注意します」と返答することで、その事項の重要性を理解していることを示すことができます。

また、「気を付けます」という言葉は、日常的なやり取りで気軽に使えるため、相手を選ばずに使うことができるでしょう。ただし、どの表現を選ぶにしても、言葉だけでなく実際の行動で示すことが大切です。言葉と行動が一致することで、相手からの信頼を得ることができるのですからね。

ビジネスでの使用方法

上司や同僚への対応

ビジネスシーンにおいて、「留意します」という言葉は、上司や同僚からの指摘やアドバイスに対する敬意ある返答として非常に有効です。たとえば、上司から「報告書のフォーマットを統一してほしい」という指摘を受けた際に、「留意します」と返答することで、その要望をしっかりと受け止め、今後の行動に活かす意志があることを示すことができます。この一言が、上司との信頼関係を築く第一歩になるのです。また、同僚からの「プレゼンテーションではもう少し声を大きくした方がいい」というアドバイスに対しても、「留意します」と応じることで、その意見を尊重し、改善に努める姿勢を見せることができるわけです。

クライアントへの対応

クライアントとの関係においても、「留意します」という言葉は重要な役割を果たします。例えば、クライアントから「納期を厳守してほしい」という要望があった場合、「留意いたします」と伝えることで、その要望を重視し、責任を持って対応することを約束することができます。このように、クライアントの要望に対して「留意します」という言葉を使うことは、ビジネスパートナーとしての信頼性を高めるために非常に効果的です。ただし、重要なのは、言葉だけでなく、実際に納期を守るなどの具体的な行動を伴わせることです。言葉と行動が一致することで、クライアントからの信頼を得ることができるのですね。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

ビジネスシーンにおける「留意します」のNG例

NG例1: 「留意するわけないじゃないですか」

この表現は、相手に対して否定的な態度を示してしまい、非常に失礼です。協力的な姿勢を示すべきビジネスシーンでは適切ではありません。

NG例2: 「留意するっすよ」

カジュアルすぎる言葉遣いは、ビジネスシーンでは不適切です。敬意を表す丁寧な言葉遣いが求められます。

NG例3: 「留意しますけど、無理かもしれません」

「留意します」と言いながら、すぐに否定的な見解を示すのは矛盾しており、信頼を損ねる原因になります。

NG例4: 「留意しますが、それはあなたの責任ですよね?」

留意すると伝えつつ、責任を相手に押し付けるような言い方は、協調性を欠く表現です。

NG例5: 「留意しますってば!」

強い口調で繰り返すことは、相手に対する尊重が感じられず、不快感を与える可能性があります。

NG例6: 「留意しますとも!」

過剰に力強い表現は、場合によっては皮肉や嘲笑と受け取られかねません。適切な敬意を持って伝えることが大切です。

NG例7: 「留意しますか?それともしないんですか?」

問いかける形で使用すると、相手に選択を迫るような印象を与え、不適切なコミュニケーションとなります。

NG例8: 「留意しますよ、多分」

「多分」という曖昧な言葉を加えることで、約束を確実に守る意志があるか疑わしい印象を与えます。

NG例9: 「留意しますから、それでいいですか?」

相手に対して確認を求めるような言い方は、自信のなさを示すことになり、プロフェッショナルな態度とは言えません。

NG例10: 「留意しますよ、でも忘れるかもしれないから」

約束をする一方で、忘れる可能性を示唆するのは、責任感がないと受け取られ、信頼を損なう原因になります。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

上司からの指摘への返答

「ご指摘ありがとうございます。留意いたします。」

プロジェクトの注意点に対する確認

「その点は特に留意して進めますので、ご安心ください。」

会議での意見交換

「皆さんの意見、留意しておきます。」

クライアントの要望への対応

「貴重なご意見、留意させていただきます。」

メールでの納期の確認

「納期については留意しておりますので、ご心配なく。」

同僚からのアドバイスへの感謝

「アドバイス、留意します。助かります。」

部下の成長に対する励まし

「今後も留意して取り組んでください。期待しています。」

電話での顧客対応

「お客様のご要望、留意いたしました。対応いたします。」

報告書のフィードバック

「報告書の内容、留意しました。参考になります。」

ミーティングでの新しい提案

「その提案、留意して検討させていただきます。」

取引先からの情報共有

「いただいた情報、留意しておきます。ありがとうございます。」

品質管理の徹底

「品質には特に留意していますので、ご安心を。」

スケジュール調整の確認

「スケジュールの件、留意して調整します。」

セキュリティポリシーの遵守

「セキュリティポリシーは留意して遵守します。」

新規プロジェクトの立ち上げ

「リスク管理には留意してプロジェクトを進めます。」

業務改善の提案

「改善案、留意して実施を考えます。」

チームワークの強化

「チームのコミュニケーションには留意します。」

顧客からのクレーム対応

「ご指摘の点、留意して改善策を講じます。」

業務報告の際の重点事項

「今後の報告ではその点を留意します。」

環境への配慮

「環境保護の観点からも、留意して取り組みます。」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。 上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。 拝啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご指導を賜り、誠にありがとうございます。

先日の会議における貴重なご意見につきまして、深く留意いたしました。

特にプロジェクトの進捗管理に関するご指摘は、今後の業務改善に大いに役立つものと確信しております。

ご指摘いただいた点につきましては、早急に対策を講じ、チーム全体の意識向上に努めます。

今後とも、より一層のご指導を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。 取引先への送付を例に作成しています。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

先日は貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございました。

いただいたご指摘につきましては、深く留意し、今後の業務改善に努めてまいります。

今後とも変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

まとめ

ご覧頂きいかがでしたでしょうか。それでは最後にまとめます。ビジネスシーンにおいて「留意します」という言葉は、相手の要望や指摘を真摯に受け止め、それに対して注意深く行動することを約束する際に用いられます。この表現は、相手への敬意と自身の責任感を示す重要なコミュニケーションツールです。類語や言い換え表現を使う際には、そのニュアンスの違いを理解し、適切な場面で適切な表現を選ぶことが求められます。そして何より、言葉にしたことを実際の行動で示すことが、信頼関係を築く上で不可欠です。今回の解説が、あなたのビジネスコミュニケーションの一助となれば幸いです。



【スポンサードリンク】


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します