「お口汚しに」のお勧め文例20選

【スポンサードリンク】

「お口汚しに」

あなたは、「お口汚し」
という言葉の意味をご存知ですか?

こうして偉そうなことを書いている
私も初めて聞いたときは
「???」でした。

食事を勧める際に使われる言葉です。

今となっては、とても品のあり
趣のある日本人らしい言葉だと思います。

毎年年末になると
お歳暮を届けて下さる方がいます。

かれこれ10年近くになるでしょうか。

以前、ちょっとした恩を
売ったことがありました。

以来、ずっと、そのことを
気にかけてくれています。

年配の方なのですが、
お歳暮を届けて下さるときに必ず、

ほんのお口汚しですが…」
の一言を添えて下さいます。

今日は「お口汚し」の意味や使い方
例文等を記事にしてみました。

「お口汚し」の意味

「お口汚し」の意味から見ていきましょう。

「お口汚し」とは、
そもそもは飲食物が少量であったり、
粗末であっったりすること。

客人に飲食物をすすめるときに、
へりくだって言う語。

このような意味になります。

字面だけ見ると、一見別の意味を
イメージしてしまいがちですが、
実はとても日本的な表現です。

字面だけみて意味を
勘違いしていた人も
多いのではないでしょうか。

このように「お口汚し」とは

目上の人や気をつかいたい相手に
手土産を渡す際に気を使って
添える言葉です。

少量で満腹にはならないような
手土産を渡す場合や、

取引先等との食事で相手が
食事を気に入るかわからない
ときなどに使います。

「お口汚し」の使い方

「お口汚し」の一般的な使い方は、

手土産などを渡す際に
「ほんのお口汚しでございますが…」

と添える形で使われます。

また、レストランなどで会食する際、
高級でとても美味しい食事で

お腹が満腹になるほどの量であっても
謙遜の意味を込めて使います。

相手にへりくだって使う表現なので、
相手の様子を伺いながら慎み深い
雰囲気で使うのが良いでしょう。

ご年配の目上の方に受けの良い言葉

「お口汚し」は、
日本語特有の謙遜の
気持ちが込められています。

但し、現在では、特に、
若い世代を中心に謙遜することに
意義を唱える風潮もあります。

言語表現も欧米化しストレートに
伝える方が好まれる傾向にあります。

「お口汚し」というよりも
「これ、とても美味しんですよ」
「これがおすすめでして」

このような表現が
主流になりつつあるのは事実です。

古めかしく美しい言葉「お口汚し」は、
ご年配の目上の方に向けて使うのが
印象が良いのかもしれません。

言葉の意味も
正しく受け取ってもらえそうです。

私がそうだったように
若い世代は字面をそのまま受け取り
戸惑うケースもあるでしょう。

そうゆう意味からして
「お口汚し」は
相手を見て使いたい言葉です。

「お口汚し」のお勧め文例20選

「お口汚し」の例文をあげてみました。

会話よりもまずは手紙などの方が
使いやすいと思います。

1、「心ばかりではございますが、お祝いにこの品をお届けいたします。お口汚しとは存じますが、どうぞご笑納くださいませ。」

2、「数年前から趣味で蕎麦を打っています。ほんのお口汚しではございますが、贈らせていただきます。どうぞお召し上がりください。」


3、「職場の近くに新しいお店が開店し、ついつい香りに惹かれてしまいましたお口汚しとは存じますが、どうぞお受け取り下さい。」

4、「我が家ではリンゴを作っており今年も無事収穫の時期を迎えました。お口汚しとは思いますがお贈りしますのでご笑納くだされば幸いです。」

5、「近年不作だったのですが、今年はマツタケが久しぶりの豊作です。昨日地元の山に入り収穫して参りました。お口汚しではございますがお贈りさせていただきます。」


口頭だと、

6、「ほんのお口汚しではございますが、お召し上がりください。」

7、「お口汚しではございますが地元で採れた果物などはいかがでしょうか。」

8、「ほんのお口汚しですが自宅で漬けた野沢菜と大根です。お口に合えば良いのですが。」

9、「主菜ができるまでほんのお口汚しではございますが、こちらの品をどうぞ。」

10、「お口汚しでございますが、手作りのケーキです。どうぞご家族でお召し上がりください
。」

11、「ほんのお口汚しですがお歳暮をお持ちしました。お受け取り下さい。」

12、「お口汚しに、こちらの煮物はいかがでしょうか。」

13、「ほんのお口汚しですがお酒とおつまみをいかがでしょうか。」

14、「お口汚しとは思いますが九州へ行く用事があり手土産です。」

15、「お口汚しかもしれませんが、遠慮せずにお召し上がりください。」

16、「秋田の地酒です。お口汚しにいかがと思いまして、お持ちしました。」

17、「なにもございませんがほんのお口汚しです。他になにもご馳走がございません。」

18、「燗がつくまでのお口汚しに、お菜をどうぞ。」

19、「なお、本日は皆様、さぞかしお疲れのことと存じます。お口汚しではございますが、心ばかりの食事をご用意いたしておりますので、どうかおくつろぎくださいませ。」

20、「今日は遠方から訪ねていただいてありがとうございます。お口汚しとは思いますが我が家で食事を用意しましたのでお召し上がりください。」

いずれも食事を勧めたり、
贈り物を受け取ってもらう際に用います。

「お口汚し」に対する返事

お口汚しと相手から言われて
食べ物や手土産を薦められた場合には、

素直にありがとうございます。
と言って受け取るのがマナーです。

わざわざ丁寧な表現を使っている相手が、
美味しくないものや粗末な品を
提供するわけがありません。

相手は遠慮して言葉を選んでいます。
こちらも丁寧にお礼をしておくと
印象はとても良くなるでしょう。

後日、メールでなく手書きのお礼の手紙
などを送るとさらに良いでしょう。

「お口汚し」の類語表現

食べ物を渡す、
または勧める際に使える類語です。

お口にあいますかどうか

「ありあわせの材料で作った料理ですので、お口に合いますかどうか。どうぞお召し上がりください。」

お口に合えばいいのですが

「近所で人気のお店のクッキーです。お口に合えばいいのですが。」

口塞ぎですが

「私の手料理なので、お口塞ぎですがお召し上がりください。」

これは料理をへりくだって
表現する言葉です。

「お口汚し」同様に古い言葉で
年配の方に使うのに向いています。

心ばかりのものですが

「心ばかりのものですが、どうぞお召し上がりください。」

ほんのひとくちではございますが

「ほんの一口ではございますが、どうぞ皆様でお召し上がりください。」

お口汚しに似た表現

「お口汚し」に似た表現があります。
参考までに紹介しておきます。

お目汚し

見苦しいものをみせる、
恐縮しながら披露する、
と言った意味の表現です。

・「お目汚しではございますが、フラダンス教室の発表会においでくだされば幸いです。」

・「お目汚しにもならないかもしれませんが、私のすべての経験を凝縮して書きました。一度お目通しいただき、ご意見ご感想いただければ何よりです。」

お耳汚し

お目汚しと同じように、
聞き苦しいものを聞かせる、

恐縮しながら披露する
の意味で使われます。

・「お耳汚しとは存じますが、年末恒例の大合唱会にご来場いただければ嬉しく思います。」

・「お耳汚しでございますが、ご傾聴いただきましてありがとうございました。」

「お口汚し」まとめ

謙遜は日本特有の美徳と言われています。

「お口汚し」をはじめとした
これらの言葉は実に美しいと感じました。

また、これらの言葉は受け取る側に、
隠れた心遣いを理解できる
心の広さと余裕がなければ伝わりません。

一歩進んだ敬語の使い手として、
謙遜の言葉を学び使ってみるのも
良いかもしれません。

「お口汚し」は
あまり使われる言葉ではないと思います。

それだけに使われたとき、
使うときには注意が必要です。

「お召し上がりください」という
意味の他の表現とあわせて、

必要に応じて使い分けられるようになると
ビジネスシーンでのやりとりは
よりスムーズになるはずです。



【スポンサードリンク】