「さっそく調べまして」のお勧め文例30選

【スポンサードリンク】

「さっそく調べまして」

取引先やお客様から
お問い合わせがあったとき
どのような回答をされていますか?

即答できるお問い合わせなら良いのですが
その場で答えられないケースも
少なくありません。

そのようなときに使えるのが
この「さっそく調べまして」です。

相手に対して、
誠意のある態度がアピール出来ます。

社会人であれば使いこなして欲しい
フレーズのひとつです。

先日インターネット回線が
不通になってしまいました。

料金が安いので
地方のローカル放送局の
回線を使っています。

口座振替出来ていないのでは?

そう思ったりもしたので
ケーブル局に
問い合わせの電話をいれました。

「あのー、インターネットが
繋がらなくなっているんですが…」

さっそくお調べしまして
ご回答させて頂きます。」

このような応対にあと
数分で原因は判明し詳細は省略しますが
すぐに復旧しました。

私も営業マン時代、
お客様から契約に関する
お問い合わせがあり、

その場で即答できない場合は

「今、出先なものですから、さっそく調べましてご連絡させていただきます。」

このフレーズは良く使っていました。
相手に良い印象を与えることができます。

今日は、この、
「さっそく調べまして」
を記事にしてみました。

「さっそく調べまして」の意味

「さっそく調べまして」の
意味から見ていきましょう。

「さっそく」の意味は、

・すぐに
・直ちに
・すみやかに
・対応が早いさま

となります。

言わば、
「さっそく」は「行動が素早いこと」
を意味しています。

「調べる」
は言うまでもないと思いますが

わからないことや不確かなことを、
いろいろな方法で確かめる。

不都合な点や異常・ごまかしがないか、
実物に当たって確かめる。
あれこれとといただす。

このような意味です。

そして、
「調べまして」となっているので
敬語表現です。

つまり、「さっそく調べまして」は
直ぐに調べて、
すみやかに調べて、

このような意味と言って良いでしょう。

「さっそく調べまして」の使い方

お客様等からお問い合わせがあったとき
「さっそく調べまして(ご回答します)」
との形で使うのが基本です。

「調べまして」と敬語表現なので
目上の人や、社外でも使えます。

もちろん、
話し言葉のみでなくビジネスメール
にも使うことが出来ます。

「さっそく調べまして」は
どのように使用するのか、
具体的な例文を見ていきましょう。

・「さっそく調べますのでしばらくお待ちください。」
・「さっそく調べましてご回答させていただきます。」
・「さっそく調べますので大変に申し訳ございません。」
・「さっそく調べまして速やかに対応させていただきます。」

このように使うのが一般的です。

クレームや苦情、提言などの際にも
使うことが出来ます。

メールでの使い方

メールの中でも「さっそく調べまして」
というフレーズは使えます。

先にあげた文例すべて可能です。

但し、メールで使用する場合は
相手からのと問い合わせが確認でき次第、
できるだけ早く返信しましょう。

そうでないと
「さっそく」ではなくなってしまいます。

特に、クレーム・苦情等は
後回しにすればするほど
相手のストレスや不満は増大します。

対応が早ければ早いほど
小さなほころびで済むものです。

「さっそく調べまして」を
使う際はスピードが命と
肝に銘じておきましょう。

「さっそく調べまして」のお勧め文例30選

「さっそく調べまして」の
お勧め文例を紹介しておきます。

1、「ご連絡ありがとうございます。さっそくお調べしまして、折り返しご連絡させていただきます。」

2、「お問い合わせありがとうございます。さっそくお調べしますので、しばらくお待ちください


3、「ご不便をおかけして本当に申し訳ございません。さっそくお調べさせていただきます。」

4、「お手数おかけし恐縮ですが、さっそく調べまして、広瀬様のご納得いただける回答をさせていただきます。」

5、「土屋様が気分を害されるのはごもっともです。さっそく調べまして、速やかに対処させていただきます。」

6、「ご連絡の件ですが、さっそくしらべましたところ、原因は〇〇と思われます。」

7、「これ以上、お客様にご迷惑がかからないよう、この問題を全社あげてさっそく調べることに決定しました。」

8、「納品の不備の件ですが、さっそく調べまして、本日中にご回答を差し上げる予定です。大変に申し訳ございません。」

9、「お尋ねの件につきましては、会社の戻りさっそく調べまして資料も準備いたしました。お約束の3月15日に間違いなくお伺いしたしますのでよろしくお願い申し上げます。」

10、「2月10日にご注文いただいた○○が本日着荷いたしましたので、さっそく検品いたしましたところ、注文の品とは異なる商品が送付されてきたことが判明しました。」

11、「ご提言の件、さっそく調べまして上司に報告します。ありがとうございました。」

12、「さっそく社内で検討いたしました結果、同封の注文書のとおり発注申し上げます。」

13、「会社に戻り次第、さっそく在庫を調べまして用意ができましたら、発送の手配をさせていただきます。」

14、「さっそくお調べしました。ご依頼いただいた件につきまして状況を報告させていただきます。」

15、「ご質問につきまして、さっそくお調べいたしました。現時点での段階をご報告させていただきます。」

16、「お電話ありがとうございます。さっそくお調べいたしますので、少々お待ちください。」

17、「先日はご提言をありがとうございます。社内でさっそく調べて、テストしてみましたが異常がないことが判明いたしました。念のためご連絡差し上げた次第です。」

18、「今回ご指摘をいただいた件についてさっそく調べてみましたところ、確かに一部適合しない素材があるようです。つきましては担当者に相談中ですので回答いましばらくお待ちください。」

19、「ご注意いただきましてありがとうございます。さっそく調べまして速やかにご返事申し上げます。」

20、「弊社との新規取引のお申し出をいただきまして誠にありがたく、光栄に存じます。さっそく検討させていただきましたところ、今回は誠に残念ではございますが貴意に添いかねる結論となりました。」

21、「今回の不祥事につきまして原因を社内でさっそく調査している最中でございます。この度はご不安・ご心配をおかけし誠に申し訳ございません。」

22、「市内のある区域において水道水が塩辛いという連絡を受けましてさっそく調べましたところ、明らかに異常があったということで調査を開始したものでございます。」

23、「ご事情を説明させていただきます。さっそく調べましたところ、ご注文の商品が今月に入り、予想外の注文が殺到したため、発送システムに不手際が生じました。結果…。」

24、「ご指摘を受けた件、さっそく調べましたところB社のシステムはオプションが別売りとなっており弊社システムと同等の機能にした場合、明らかに割高になります。」

25、「お電話ありがとうございます。先ほどの件さっそく調べましたところシステムに異常はなく操作方法の段階で誤りがあるとの結論に至りました。つきましては…。」

26、「お問い合わせありがとうございます。さっそく調べましたところ口座からの引き落としは問題ありません。契約が途切れることはございませんのでご安心ください。」

調べてもらったお礼を伝える場合

27、「さっそくお調べ下さり、その後の対応もスムーズでした。ありがとございます。」

28、「今回はご多忙な中、さっそく調べていただき速やかに回答をいただきありがとうございました。ご無理を申し上げてしまったようで恐縮しております。」

29、「平素お世話になっております。メール拝授いたしました。さっそくお調べいただき誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。」

30、「勝手を申し上げたにも関わらずさっそくお調べいただき心より感謝申し上げます。」

さっそくの「類語」

せっかくの機会なので
「さっそく」の
類語を押さえておきましょう。

早々

「早々」は「そうそう」と読み、
「さっそく」と似た意味になります。

「早々に調べまして」
と同じ文で用いられます。

但し、意味合いがやや異なり、
目上の人には使えません。

同等の立場や目下に用いるのが
正しい使い方です。

目上の人やお客様に使わないよう
注意してください。

迅速

「迅速」はビジネスシーンや
顧客側に対して使われる言葉です。

「迅速」には行動が非常に速い、
物事の進行が早いとの意味があります


そして、
「迅速」は立場に関係なく
使用することが出来ます。

また、
相手の事ことも自分の事も
表すことが出来ます。

いち早く対応することを
表したい場合は
「迅速な対応」がもっとも適しています。

早急

「早急」は非常に速いことを意味します。
命令形に聞こえてしまうので
これも使うときは注意が必要です


目上に使うときは、
「早急にお願い申し上げます」のように
丁寧に聞こえるようにしましょう。

「早速」「早々」「迅速」「早急」
と似たような言葉がたくさんあります。

それぞ手意味合いは少し違う印象で
使い分けるのが理想です。

無難な言い方としては、
「早速」と「迅速」が立場や場面を
選ばず使える言葉と言えます。

「さっそく調べまして」営業マンはどう使う?

いかがだったでしょうか。

「さっそく調べまして」の
意味や使い方、類義などを
お伝えしてきました。

「さっそく調べまして」とのフレーズを
使うことによって相手の応答に対して
誠意ある態度を示すことが出来ます。

もちろん、そのときは、
すぐに調べ返答することが肝心である
ことは言うまでもありません。

先にも述べましたが、
問い合わせやクレーム、苦言等は
回答へのスピードがとても大事です。

小さな芽であれば摘み取ることは
難しくないのですが放っておくと
大問題に発展しかねません。

小さな問い合わせや提言など手を抜かずに
「さっそく調べまして」を用いて
直ぐに返答・対処をしていきましょう。

その小さな積み重ねが
大きな信頼・信用を作っていきます。

また「さっそく調べて」返答するときには
問い合わせて下さったことへの
感謝の気持ちを表すようにしましょう。

細かいことであっても
上手に感謝を示すことが出来れば、
いずれ周囲からの評価に繋がります。

「さっそく調べまして」を使う際は
お客様からの信頼を勝ち取るチャンス。

そう心得て
「さっそく調べまして」をマスター、
活用していきましょう。



【スポンサードリンク】