「存じます」のお勧め文例30選とNG例

【スポンサードリンク】


営業マンは毎日敬語を使います。

「存じます」もそんな言葉の
ひとつではないでしょうか。

「存じます」は「~と思います」の
丁寧な表現です。

ですが、
「存じます」ばかり使っていると
おかしな感じもしますねよ。

「存じます」と「思います」の
併用は可能なのでしょうか?
また、正しく使えていますか?

「思う」「知る」を意味する「存じます」
ですが、使い方によっては相手に失礼に
なることもあるため注意が必要です。

この場面で「存じます」を使って良いのか。
正しいのか否か。
不安に思っている人もいるのでは?

今回は「存じます」を記事にしました。

「存じます」の意味や使い方を確認して、
自信を持って使っていきましょう。

「存じます」の意味

「存じます」は「思います」
あるいは「知っています」
という意味を表す敬語です。

敬うべき相手に対して使われます。
目上やお客様など敬意を払うべき人に
使う言葉です。

敬語なので、部下や同僚には使いません。
自分の上司や自分よりも目上の人に、
自分の思いを伝えるときに使いましょう。

会話でも文章でも使える便利な表現です。

「知っている」という意味もあり、
「存じ上げております」などと
言うこともありますが、

「存じます」と言った場合は
「知っている」よりも「思う」
の意味が強いです。

また、自分がへりくだって
相手に敬意を表す言葉です。

「私は~と思います」という表現を
「私は~と存じます」という表現に
変えることで、より相手を立てた
丁寧な言い方になります。

「存じます」は自分の気持ちを
伝えるときにしか使えない言葉です。

部下や身内がなど第三者の気持ちや
考えを代弁したいときは

「~と申しております」
と使うと良いでしょう。

「存じます」の使い方

自分をへりくだって
表現するときに使う言葉です。
相手が思うことに対しては使えません。

「存じます」の使い方としては、
「~だと思います」「~かと思います」
の「思います」をそのまま「存じます」
に入れ替えれば大丈夫です。

似た言葉に「存じております」が
ありますが、これは「既に知っている」
という意味で、「存じます」とは
少し違う意味になります。

「存じ上げます」も同じく「知っている」
の意味なので、「思う」を表す場合は、
「存じます」を使うよう心がけましょう。



「存じます」のNG例

(目上から目下へ)その件は済んだことと存じます。
課長は貴社とは積極的にお付き合いをするようにと存じております。
本日の打ち合わせはありがたく存じ上げました。
部長の島野からは吉木様には失礼にないようにと存じ上げます。
内田様は弊社の製品ことを存じ上げておりますか?
値引き交渉には応じないというのが弊社の方針と存じ上げておりました。
今回の交渉は必ず成功させてみせると存じました。

このような使い方は間違いです。


「存じます」の使い過ぎに注意


目上を相手に適した表現である
「存じます」ですが、
使い過ぎには注意が必要です。

かしこまった場以外での使用や、
「存じます」を多用することにより、
相手に堅苦しい印象を与えてしまう
ことがあるからです。

類語をつかって言い回しをしましょう。

「存じます」と「存じ上げます」の違い 

「石田さんのことは存じ上げております」
「存じ上げる」は「人」に対して使います。
「モノ」に対しては使いません。

「存じる」は「人」「モノ」
双方が対象になります。
「存じ上げる」「申し上げる」という
「上げる」の表現は
「人」を敬うために用います。

「存じます」のお勧め文例30選

ここでは、
「存じます」を使った定番フレーズを
あげておきましょう。

「幸いに存じます」

相手がしてくれたことに対して
「助かる」「嬉しく思う」という
気持ちを表します。

打ち合わせや会議の出席に対して、
お礼を言いたいときに使うことが多いです。

1、「遠方からわざわざご足労いただき、打ち合わせできましたこと幸いに存じます。」

2、「今後とも、変わらぬご愛顧賜れれば幸いに存じます。」

3、「お忙しいところ恐縮ですが、4月30日までに返信いただけると幸いに存じます。」

4、「心ばかりの品をお送りしました、気に入っていただければ幸甚に存じます。」

5、「祝賀会を催すことになりました、ご来臨くだされば幸いに存じます。」

6、「この度は支社長への昇格誠に幸いに存じます。」

「ありがたく存じます」

相手にしてもらったことへの感謝の気持ち
を伝えたいときに使います。

7、「書類作成の件ですが迅速に対応して下さり、ありがたく存じます。」

8、「来月の交流会へのお誘い、ありがたく存じます。」

9、「お取引継続希望と伺いました、誠にありがたく存じます。」

10、「平素よりご厚情をいただき、まことにありがたく存じます。」

11、「遠方よりわざわざご足労いただき、ありがたく存じます。」

12、「私の事を憶えていてくださりとてもありがたく存じます。」

自分と関係性の薄い目上の人に
関係の気持ちを伝えたいとき
使うケースが多いです。

「いただきたく存じます」

「~して欲しいと思います」
という意味の敬語です。

社内の上司や目上の人に依頼をしたいとき、
確認して欲しいことがあるとき使います。

13、「ご多忙のところ恐縮ですが、4月15日までに見積書を送付いただきたく存じます。」

14、「打ち合わせの件ですが、3月31日までにご連絡いただきたく存じます。」

15、「先ほどファイルを添付いたしました、ご確認いただきたく存じます。」

16、「来週の会議の内容、事前にご教示いただきたく存じます。」

17、「せっかくのお誘い申し訳ございませんが、今回は都合が悪く辞退させていただきたく存じます。」

18、「プロジェクトの進行にあたり皆様の声をお聞かせいただきたく存じます。」
 
「存じますが」

「思いますが」に当たるクッション言葉。

依頼や確認、お願いがしやすくなる言葉です。

19、「ご多忙とは存じますが、一度ご連絡いただけますと幸いです。」

20、「ご多用と存じますが、ご検討の程よろしくお願いいたします。」

21、「お忙しいと存じますが、現場の進捗状況はいかがでしょうか。」

22、「差し出がましいと存じますが、お礼の品を送らせていただきました。」

23、「お忙しいと存じますが、明日までに資料提出をお願いいたします。」

24、「ご多用とは存じますが、決算対策の件の資料をお送りいただけますようお願い申し上げます。」

「光栄に存じます」

「認められて嬉しく思います」
と言いたいときに使える敬語です。

嬉しく思う気持ちや名誉に思う気持ちを
表したいときに使います。

25、「本日は、泉社長にお目にかかれて光栄に存じます。」

26、「このような素晴らしい賞をいただき、光栄に存じます。」

27、「そのようにおっしゃっていただき光栄に存じます。」

28、「この会社で仕事ができることを、光栄に存じます。」

29、「小島社長からお褒めにあずかり光栄に存じます。」

30、「私のようなものがこのような評価をしていただけるとは身に余る光栄に存じます。」

「存じます」と言い換えできる類語表現

「承知」を使って言い換える

先にも述べましたが、
「存じる」「存じ上げる」は
多用すると相手に違和感を感じさせます。

そのために、類義語を知って、
使い分けていきましょう。

「存じます」を「知っている」
という意味で使う際は、
「知っていること」を意味する「承知」、

・目標を達成しなければならないことは、重々承知しております。

「推測して了解すること」を意味する
「お察し」が類語として使えます

・年内に目途をつけなければならないこととお察しいたします。

「思っています」という意味で
「存じます」を使う場合は
「~でございます」が類語となります。

・その件に関しましては、部長のおっしゃるとうりでございます。

かしこまった場面以外や親しい相手など、
状況によっては「知っています」や
「~と思っています」でも良いでしょう。

場面と状況によっては「幸いです」
も言い換えられる言葉になります。

・お忙しいところ恐縮ですが、一度来社いただければ幸いです。

営業マンは「存じます」を正しくマスターすべき

「存じます」は「~だと思います」の
「思います」の部分に入れ替えて
使うことができますが、
場面によって使い方が微妙に異なります。

また、営業マンに限らず
ビジネスシーンで使われることの多い言葉です。

お伝えしてきたとうりで、
思います、知っています、との意味で
目上の人へ使う言葉として適しています。

敬語ではあるものの、
使い過ぎには注意して下さい。

類語や言い回しを変えて
状況に応じて正しく使いましょう。

使えて当たり前の「存じます」。
だからこそ、正しく使えるよう
自分を見つめなおしてみましょう。



【スポンサードリンク】