「ご賢察」はこちらの事情を察して欲しいときに使う言葉

【スポンサードリンク】

「ご賢察」という言葉をご存じですか。
日常会話ではまず使われない言葉で
耳慣れない言葉です。

初めて聞いたという方も少なくないでしょうが
ビジネスシーン、特にメールや文書では
時として登場する言葉のひとつです。

また、この言葉の使い方は難しいとも言われています。

今日はこの「ご賢察」の意味と使い方を
理解して正しく使えるよう記事にしました。

「ご賢察」の意味

「賢察」は「けんさつ」と読みます。
「賢明」の「賢」に「推察」の「察」
この二文字が組み合わされた言葉です。

「賢」はかしこい、利口である。
相手を尊重する意味が含まれます。

「察」は「おしはかる、思いやる」
との意味があり、
相手の気持ちをおしはかる、
察するとの意味を含んでいます。

目上の人にこちらの事情を察してもらうこと。
相手の事情や心中を察することを敬ってつかう語。
このような意味になります。

口頭ではあまり使わない言葉です。
かなり堅苦しい表現になりますから。
丁寧すぎて違和感を持つ相手もいるでしょう。
使い方には注意して下さい。

「ご賢察」はビジネス敬語なのだろうか

「ご賢察」はビジネス敬語なのでしょうか?
「ご賢察」は、敬語の「ご」と「賢察」
が組み合わされた語です。

「賢察」自体が「推察する」の敬語にあたります。

敬語が二つくっついているわけですから
当然、敬語度の高い言葉です。

先にもお伝えしましたが、
会話で使うには堅苦しい言葉で
ビジネス文書でも頻繁ではありません。

では、どのように扱えば良いのでしょう。

「ご賢察」の正しい使い方

「ご賢察」は相手を敬いたいときに使う、
堅い文章語的な、丁寧な言葉です。

目上の人やお客様、立場が上の人について、
「物事を推察すること」「配慮」
をする際の敬語表現として使います。

例えば、上司や目上の人に自分や、
自分側の組織の事情を理解して
もらいたいときがあると思います。

そのようなときに、
「どうかお察し下さい」と同じ意味で
相手に丁寧に配慮を求めた依頼の形式が
「ご賢察ください」なのです。

ビジネスシーンにおいては、
相手にとって好ましくない状況が生れたとき、
やむを得ない事情を理解してもらい、
許してもらいたい。

このようなニュアンスがにじんでいるとも言えます。

このため、書面などで、
相手に対して敬意を持って理解や配慮を
得たい場合に使うのが一般的と言えます。

「ご賢察」は目上の人を敬って使う言葉です。
目上の人が「推測する」「配慮する」。
これらに対する敬語表現です。

ですから、
自分の行為に対しては使うことはできません。

「ご賢察」の使い方と例文

「ご賢察ください」は、
相手に何かこちらの事情を察して欲しい。
このような場面で使う言葉です。

そして、
自分が目上の人に配慮して欲しい旨を
願い出る際に使用します。

相手に対して相当敬意を払いたいとき
使うべき言葉かもしれません。

相手を敬う気持ちが強いと
最大級の表現を用いるのが正しい。
そう思いがちです。

なのですが、繰り返しになってしまいますが、
たとえ目上であっても使い方次第で相手は
違和感を感じることもある点を注意しておいてください。

「ご賢察」は、
「お察しください」の意味合いが
強い言葉のひとつです。

ですから、
「ご賢察ください」のみで使わずに
「ご賢察いただけますと幸いです」

というように、
より丁寧な言葉で言い表す方が
相手にとって失礼がないと言えるでしょう。

例文をあげておきましょう。

・「ご連絡が遅れてしまう可能性があります」
  事情をご賢察いただければ幸いです」

・「今月はご希望に添いかねます」
 「ご賢察いただければ幸いです」

・「弊社の内情をご賢察いただければ幸いです」

より丁重にお願いしたい場合は「何卒」、
「申し上げます」をつけます。

「何卒」には、心から願う様子を強調する
「どうか」という意味があります。

「申し上げます」は「言わせていただきます」
の意味で、目上の人など敬意を払うべき相手に、
うやうやしく言うニュアンスになるからです。

これも例文をあげておきましょう。

・「誠に恐れ入りますが、
 先ほどご説明させていただきました事情を
 ご賢察の程よろしくお願い申し上げます」

・「その点につきましても、
 弊社の事情を何卒賢察の程
 よろしくお願い申し上げます」

・「ご心配をおかけしますが、当事者
 本人の気持ちを何卒ご賢察の程
 よろしくお願い申し上げます」

「何卒、ご賢察の程よろしくお願い申し上げます」
は会話の中でなく文書の中で
使われることがほとんどです。

そして「ご賢察」は文書の中でも
特に「依頼」「お詫び・謝罪」「感謝」
を表す文書の締めくくりで使われます。

これも例文をあげておきましょう。

・相手に何かを依頼するとき
「ご多忙とは存じますが、事情をご賢察の上、
何卒ご協力頂けますようお願い申し上げます」

・お詫び・謝罪をするとき
「誠に恐れ入りますが、何卒上記の事情を
ご賢察いただき、ご理解の程お願い申し上げます」

・感謝の意を表すとき
「ご多忙中に関わらず、弊社の事情をご賢察
いただき、ありがとうございます」

「ご賢察」と「ご高配」の違い、類義語は?

「ご賢察」に似た言葉に「ご高配」があります。
ここではこの二語の違いを説明しておきましょう。

一言で違いを示すと
・「ご賢察」・・・「相手の推測を敬った言葉」
・「ご高配」・・・「相手の配慮を敬った言葉」
との違いになります。

「ご高配」も日常会話ではほとんど使われませんが、
ビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として
用いられるケースは少なくありません。

特に取引先やお客様などに対して使います。

例文をあげておきましょう。

・「平素は格別のご高配をいただき、
 誠にありがとうございます。
 資料をお送りしますのでご確認下さい」

・「謹んでご報告申し上げますとともに、
 これまでの皆様のご支援ご高配に
 心より感謝申し上げます」

・「今後とも何卒ご高配賜りますよう、
 よろしくお願い申し上げます」

・「拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、
 厚く御礼申し上げます」

他に似た言葉に「ご高察」があります。

「ご高察」の意味は「すぐれた推測」です。
「相手の推測を敬って使う語」が
「ご高察」なのです。

こちらも例文をあげておきましょう。

・「事情をご高察の上、
 ご協力いただきますようお願い申し上げます」

・「日程変更に関しご高察いただきまして、
 誠にありがとうございました」

・「〇日~〇日迄道路工事のため
 通行止めとさせていただきます。
 ご迷惑をおかけしますがご高察の上、
 ご了承くださいますよう
 何卒宜しくお願い申し上げます」

「ご賢察」をビジネスシーンでどう使えば良いか

ここまでお伝えしてきたように
「ご賢察」には深い敬意が示されています。

自分と接している方が学識等高い方であっても、
何の問題もなく使えるフレーズのひとつです。

営業マン時代、
ドクター、税理士、弁護士、議員さんなどに
お手紙をするときにこの言葉を使っていました。

そのような立場で働いている方は、
尊敬されていますし、敬意を示されることを
期待されている人も多いからです。

また、特にまだそれほどの関係が
できていない社長様らにも

話をしていて、
相手の察しが良いことに気が付くと
手紙やメールで相手の「ご賢察」の
素晴らしさをお伝えしていました。

頻繁に使う言葉ではなく
重要なときにのみ使う言葉と理解してください。

「ご賢察」は普段使いなれない言葉だけに、
使う場所が思いつかない人も多いと思います。

けれども、
「ご賢察」を使うに相応しい場面を
うまくイメージすることができれば
使いやすいのではないでしょうか?

目上の人の配慮や考えが欲しいとき
などに用いることが多い言葉ですが
それにはこちらが相手のことを配慮し
考えられる人でなければなりません。

是非、その点に留意して「ご賢察」をマスターして
豊かな人間関係を作っていきましょう。



【スポンサードリンク】