「お手をわずらわせて」ちょっとした用事を頼む

【スポンサードリンク】

用例:お手をわずらわせて恐縮ですが
用例:お使い立てしてたいへん悪いのだけど


誰しも相手に迷惑をかけるとき、
面倒をかけるときがあると思います。

そんなとき「お手をわずらわせて」
との言葉を使いませんか?

日常的にも良く使われますが、
ビジネスシーンにおいても、
会話やメールでも良く目にする言葉です。

具体的にどんな場面で、
どうゆう使い方をするのでしょうか?

今日は「お手をわずらわせて」を
考えてみたいと思います。

「お手をわずらわせて」の意味

「手をわずらわせる」には
「面倒をかける、手間をとらせる」
このような意味があります。

「お手をわずらわせる」はその丁寧な
言い回しで、先方に面倒をかけるときや
面倒くさいことを
押し付けてしまうときに用います。

日常的にも使う言葉ですが
メールなどでの使用が多いかもしれませんね。

面倒をかけたり手間をとらせる意味以外にも
「先方に何か頼み込むとき」に
お手をわずらわせるという意味で
クッションとしても使われます。

この言葉はビジネスシーン、なかでも
会社の上司や、先輩、同僚、部下とあらゆる社員に
対して頼みごとをする場合に使いたいです。

「お手をわずらわせる」の使い方

お伝えしてきたとうりに「お手をわずらわせる」
は相手に迷惑をかけたとき、
頼みごとをするときに使われています。

もう済んでしまったことにも使いますが、
これから迷惑をかけるであろう場合にも
使われます。

「弊社の者がお手をわずらわせるかも
しれませんが、宜しくお願いいたします。」

また、誤解が生じたときにも、
「お手をわずらわせる」は使えます。

誤解が解けたときに
「お手をわずらわせてしまってすみません」
一言付け加えると良い印象が生まれます。

第三者に対しても使えます。
例えば取引先で拘わる上司に対して、

「この度は弊社の誤解により〇〇様に
お手をわずらわせてしまい
大変申し訳ありませんでした。」

このような伝え方をすると
より謝辞を丁寧に伝えることができ
先方にも良い印象が伝わるでしょう。

メールでの使い方としては
特になにも問題がないときにでも
「お手をわずらわせてしまい申し訳ありません」
と使っても問題はありません。

勿論、
先方に面倒をかけたりしてしまうときは
「お手をわずらわせる」は必須です。

この一言があるのとないのとでは
全く印象が違ってきます。

「お手をわずらわせる」を付けないと
問題が起こることがあります。

例えば納期を過ぎても納品できず
先方の予定が大幅に狂ってしまった。

このような場合に、理由を説明しますが
「お手をわずらわせる」を使わなかった
ばかりに「納期を守れなかったことを
何とも思っていないのか」

このように受け取られて
しまう可能性があります。

私自身、営業マン駆け出しの頃、
不手際でお客様に迷惑をかけ
事情説明する際この言葉を付け忘れ
相手をさらに怒らせてしまった経験があります。

なので、謝辞の最後には
「お手をわずらわせる」を
付け加えるのは必須と言えます。

「お手をわずらわせる」会話やメールでの文例

では具体的にどのように使えば良いのでしょう。
例をあげてみましょう。
まずはメールから。

・「お手をわずらわせ恐縮ですが、
御見積書の金額の訂正を
頂きたくメール致しました」

これは、
見積りの訂正を依頼したがまだ届いていない。
その催促が趣旨のメールです。

依頼に対して返答するのは当たり前のことです。
ですが「お手をわずらわせ」を使うことで
柔らかい表現にすることが出来ています。

・「〇〇の件でお手をわずらわせる
ことになってしまい、
大変申し訳ございませんでした。」

これは謝罪のメールです。
謝らなければならないときにも
「お手をわずらわせる」が使えます。

次に会話での例をあげてみましょう。

・「この度はお手をわずらわせてしまい、
誠に申し訳ありませんでした」

不手際で相手に謝罪している状況です。
相手に迷惑をかけてしまったときにも
使える言葉です。

こちらの不手際で「お手をわずらわせる」
ことになったときは、
丁重に謝らねばなりません。

そして、このようなことが二度と
起こらないように対応していく旨を
伝えなければなりません。

言葉も大切ですが心と姿勢あってのことです。
そうすることによって、
相手に納得してもらうことが出来るのです。

・「その節はありがとうございました。特に
○○様にはお手をわずらわしてしまい
申し訳ございませんでした。」

取引先に対して仕事が終わったときの言葉です。
とくに迷惑をかけたわけではありませんが、
お世話になった人に「お手をわずらわせる」
との言葉が使えます。

「お手をわずらわせる」の言い回しや類義語

「お手をわずらわせる」の言い回しや
類義語をあげてみましょう。

・お手数ですが

「お手をわずらわせる」と
ほぼ同じ意味で使えますが
やや丁寧さに欠ける印象です。

・ご面倒おかけしまして

「お手をわずらわせる」が迷惑をかけた場合、
かけない場合に使えるのに対してこちらは
迷惑をかけた場合に限定されます。

・お手間をとらせまして

先方の貴重な時間を使ってしまった場合に
限定される言葉と言って良いでしょう。
使い方が少し難しい表現ですね。

・コストをおかけしまして

金銭的、人的資源などの消費に対して
手をわずらわせるとの意味になります。
使い方を間違うと意味が通じなくなる
言葉ですから注意が必要です。

・ご負担をおかけしまして

文字どうり相手に負担を強いる場合に
使います。金銭等の負担だけでなく
相手に苦労をかける場合にも使えますので
使い勝手は良い言葉でしょう。

・ご厄介をおかけしまして

面倒で手間のかかる事や迷惑をかける場合の
「お手をわずらわせる」の類語です。
注意点としては目下や同格に使います。
目上の立場に使うのはNGです。

「お手をわずらわせる」の感謝の意も添える使い方

最後に、「お手をわずらわせる」を
さらに生かす表現を
お伝えして〆たいと思います。

「お手をわずらわせ申し訳ありませんでした」
で終わっても良いのですが、その後に、

「今回は本当にありがとうございました」
この感謝の一言を添える事でガラッと
印象が変わるのがこの言葉の特徴です。

ありがとうございますはプラスの印象を
持つ言葉で申し訳ありませんの
マイナスイメージを相殺してくれるからです。

ちょっとした頼みごとをするときに使う
「お手をわずらわせる」ですが
こうして調べてみると奥が深く
様々なビジネスシーンで活用できます。

そして、
どのビジネス敬語にも共通するのですが

あなたがどんな心で何を相手に伝えたいのか?
自分よりも相手を優先出来ているのか?
相手のことをどれだけ気遣えているのか?

どれだけ自分の我を無くし素直な気持ちで
発しているのかが最も大切なのは
言うまでもないことです。

こんな気持ちでまずは身近な人から、早速、
「お手をわずらわせる」を使ってみましょう。

同僚や部下に頼み事をする場合でも、
相手が気持ちよく引き受けてくれるものの頼み方が
出来るかどうかが、ポイントとなります。

身近な使い方としては、

「手をわずらわせて申し訳ないが、コピーをお願いしたのだが」
「使い立てして申し訳ないが、郵便局で速達を…」
など、部下に対してさりげなく使うこともできます。

また、上司に使う場合は、

「お手をわずらわせて申し訳ありませんが」
「お使い立てをするようで申し訳ございませんが」
と、さらに丁寧にいうことが大切です。

上司に頼み事をするということは、
大変伝えにくく、お願いしにくいことです。

ちょっとした用事を頼むときの
ボキャブラリーとして、
ぜひとも、ご活用頂けましたら幸いです

「お手をわずらわせる」に限りませんが
ビジネス敬語はあなたの姿勢と気持ちの顕われ。

上手に正しく使っていくと
あなたの周囲が自然と変わっていくはずです。



【スポンサードリンク】