「お手をわずらわせて」ちょっとした用事を頼む

【スポンサードリンク】

用例:お手をわずらわせて恐縮ですが
用例:お使い立てしてたいへん悪いのだけど


この言葉はビジネスシーン、なかでも
会社の上司や、先輩、同僚、部下とあらゆる社員に
対して頼みごとをする場合に使いたいです。

同僚や部下に頼み事をする場合でも、

相手が気持ちよく引き受けてくれるものの頼み方が
出来るかどうかが、ポイントとなります。

使い方としては、

「手をわずらわせて申し訳ないが、コピーをお願いしたのだが」
「使い立てして申し訳ないが、郵便局で速達を…」
など、部下に対してさりげなく使うこともできます。

 

また、上司に使う場合は、

「お手をわずらわせて申し訳ありませんが」
「お使い立てをするようで申し訳ございませんが」
と、さらに丁寧にいうことが大切です。

上司に頼み事をするということは、
大変伝えにくく、お願いしにくいことです。

ちょっとした用事を頼むときの
ボキャブラリーとして、

ぜひとも、ご活用頂けましたら幸いです



【スポンサードリンク】