「かねてより」のお勧め文例30選とNG例

営業マン時代の後輩から連絡がありました。
結婚式への招待です。

かねてより交際していた○○さんと、この度結婚することになりました、つきましては…」

おめでたいお知らせです。

「かねてより」という言葉が
使われることがありますが、

「かねてより」とは
いったいどういう意味なのでしょうか。

「かねてより」は
「予てより」や「兼ねてより」とも
表記できる言葉です。

もちろんその意味もまた複雑で
意味やニュアンスが違ってきます。

そしてビジネスにおいては
ひらがな表記で「かねてより」
と書くのが一般的です。

「かねてより」は
ビジネスにおいてよく使われる言葉ですが、

場面によっては
「かねてより」を使えない事もあります。

そんな「かねてより」は
使い方が難しい言葉となります。

今回は、
「かねてより」という言葉の意味や使い方、
類語や例文など、

「かねてより」について記事にしました。
あなたの参考になれば幸いです。

「かねてより」の意味・使い方

かねてよりの意味は「以前より・前もって」

「かねてより」という言葉は、
漢字では「予ねてより」
または「兼ねてより」と書き、

「以前から」「前もって」
という意味があります。

また、
よく目にする「かねてから」も同じ意味で、

「かねてより」の方が古くから使われてきた
という時代の違いはありますが、
同じように使うことができます。

漢字を使う場合には
「兼ねてより」と書くより
「予ねてより」と書くことが多く、

ひらがなでそのまま
「かねてより」と書くのが一般的です。

「予てより」と「兼ねてより」に違いはあるのか?

「予ねてより」の「予」は訓読みで
「あらかじめ」と読みます。

「予」の旧字体は「豫」と書き、
「のびのびとゆったりさせる」
「ぐずぐずためらう」「あらかじめ」

という意味から
「前もって」「以前から」
という解釈となっています。

「兼ねてより」の「兼」は
古語「兼ぬ」という動詞からきており、

「予期する」「予測する」
「前もって心配する」「一定の区域にわたる」
などの意味があります。


 
現代語で使われている
「兼ねる」の「兼」は訓読みで
「かねる」と読み、

「二つ以上のものを合わせる」
という意味になります。

このように、
現代語の「兼ねる」と古語の「兼ぬ」は

意味合いが違ってくるので、
注意が必要です。

では、どちらを使えば良いのか?

「予ねてより」も「兼ねてより」も
「以前から○○する」という意味です。

「兼ねてより」は現代語の「兼ねる」
「二つ以上のものを合わせる」
という意味でよく使われており、

意味が違い紛らわしいという理由で
「予ねてより」が多く使われている
というのが現状です。


しかし、
前述したように「かねてより」と
ひらがなを使う方が一般的です。

「かねてより」のお勧め文例30選

「かねてより」を使った例文を紹介します。

1、かねてよりお願いしておりました企画の件、進捗はいかがでしょうか。

2、かねてよりお知らせしておりましたプロジェクトに関してお話したいことがございます。

3、かねてよりご案内しておりました計画を進めさせていただきます。

4、かねてよりご案内申し上げておりますように、弊社は今月より社名の変更をいたしております。

5、かねてより、坂本様のご高名は存じ上げておりました。

6、かねてより計画してまいりました新商品がようやく販売の見込みとなりました。

7、かねてよりお願いしておりました資料作成の件ですが、今週中の提出は間に合いますでしょうか。

8、かねてよりマンションではなく一戸建てに住みたいと希望していた母の意向が反映され、父は一戸建てを購入することになりました。

9、定年退職後、かねてよりの望みどおり夫婦で世界で有数周の旅に行ってまいりました。

10、かねてより恐れていた価格競争が始まっています。弊社はあくまで品質で勝負していくつもりです。

11、かねてより投資に興味があったので、ボーナスは資産運用にあてています。

12、かねてより知っていたB社とアポイントが取れ来週訪問面談の約束をいただけました。

13、かねてより貴社の事業内容に魅力を感じておりました。この仕事に必要な免許とスキルはかねてより取得し、経験を積んでまいりました。

14、さて、かねてより探しておられた財務部の人材の件ですが、私の元教え子で適任者がおりましたので御推薦いたします。

15、さて、かねてより松戸市で建設中の弊社工場は、おかげをもちましてこのたび落成し、下記のとおり4月1日から操業を開始する運びとなりました。

16、さて、弊社では、かねてより○○○の後継機種の開発をすすめておりましたが この度晴れて完成いたしました。

17、かねてより、有名な枝垂れ桜を観てみたいと思っていましたが、思いがけずその機会が巡ってきました。

18、かねてよりご提案させていただいております新ソフトウェアの導入の件ですがその後のご検討の方はいかがでしょうか。

19、かねてよりお願い申しております、貴社工場の見学の件ですがその後の進捗はいかがでしょうか。

20、業界では高名な高田社長様にはかねてよりお会いしたいと願っておりました。

21、かねてよりご親交を重ねていただいております水島様には感謝の気持ちしかありません。

22、かねてより温かいご支援をいただいている関係各者様にお知らせいたします。

23、かねてより梶原様のご活躍は聞き及んであります。

24、かねてよりお世話になっていた鈴木ですが…

25、かねてよりご案内いたしておりますように、本日終業後に懇親会を行いますので、ふるってご参加ください。

26、彼はかねてより憧れていた建築設計士になることができた。

27、希望の職種に就くためには、かねてより情報収集するなどの努力も必要だ。

28、かねてより狙っていた商品が格安になっているのをネットショップで見つけた。

29、課長!かねてから提案していた企画が、クライアントにやっと認められました!

30、なるほど、秘訣は情熱。なぜ彼女が全国でトップなのか…かねてから抱いていた疑問がやっと解けた。

「かねてより」のNG例

・お願いしてあった資料作成かねてより取り掛かってください。
・今日は忙しくないでのかねてより事務所の掃除でもしましょう。
・かねてより言うのだけれど約束の時間は守って欲しい。
・かねてより恐縮ですが…
・かねてより申し遅れました。私、○○社の谷口と申します。
・かねてより桜井は只今外出しております。
・本日はかねてよりの中をお越しいただき…

言うまでもなく、
このような使い方は誤りです。

「かねてより」の類語

「かねてから」は「かねてより」の言い換えにもなる

「かねてから」は
「前もって」や「以前から」
という意味の副詞です。

「かねてより」と同じく重複表現なので
間違った日本語表現ですが、

「かねてより」の
言い換え表現としても使われます。

「以前より」ならやわらかい表現になる

「以前より」や「以前から」は
「前もって」を意味していますが、

「かねてより」よりも
「前から○○をしている」という
過去からの継続性が強まります。

また「かねてより」と
比べるとやわらかい表現になるため、

ビジネスから日常会話まで
幅広く使われています。

「かねがね」なら継続の意味合いが強まる

漢字で「兼兼」や「予予」と書き表す
「かねがね」は、
「以前から」を意味する副詞です。

「かねがね」も「以前より」と同じく
「これまで継続してきた」
という意味合いが強まります。

「かねてより」営業マンはどう使うか

「かねてより」という言葉は
厳密に言えば重複語に当たりますが、
すでに使い方として認知されており、

例文からも分かる通り
ビジネスシーンでは多用されています。

似たような意味を持つ類語が多く、

また以前から続いているという
ニュアンスを伝える言葉の中では
堅くしっかりした印象です。

使い方を間違えないよう、
例文を参考に理解を深めて
正しく活用しましょう。

何気なく使っている言葉ですが
その漢字の成り立ちや
似ている言葉などを

今一度知っておくと誤った使い方が
どれに当たるのか気づくことができます。

普段からこの言葉を使っている方は、
これから「予てより」の使用の際には

その漢字や重複語になっていないかなどに
注意を払ってみましょう。

またこれまであまり普段から
使って来なかったという方は、

日常からスタートしてそのうちに
ビジネスなどかしこまったシーンでも

しっかり使えるように
練習しておくといいでしょう。



【スポンサードリンク】


覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき