「ご容赦ください」は失敗や過失を詫びる

【スポンサードリンク】

ビジネスシーンで「ご容赦ください」
はよく見受けられる敬語表現のひとつです。

通信販売の記載などにも
「返品はご容赦ください」
との一文が添えられていることも多いです。

「ご容赦下さい」は
自分の失敗や過失に対して相手に
「許してほしい」との意味が込められています。

許してくださいを丁寧に表した言葉と言えるでしょう。

また、相手に対して「多めに見てください」
という気持ちが込められ丁寧な謝罪や
お願いの言葉でもあります。

今回はこの「ご容赦下さい」の
意味と使い方を記事にしてみました。

「ご容赦ください」意味は?

容赦という言葉は
「容」=受け入れる「赦」=罪を許す
が合わされできている言葉です。

仕事でミスを犯したとき失言をしたときなど、
相手に許してもらいたいときに使います。

「お許しください」とおよそ意味は同じなのですが
「ご容赦ください」というほうが丁寧で畏まった
表現になります。

上司やお客様に対して詫びる際に使うことが多いですね。

日常語として「容赦ない」「容赦しない」
このようなカタチで手加減を加えないとの
意味で使われたりもします。

「ご容赦ください」の正しい使い方

「ご容赦ください」は
相手に自分の落ち度を了解してください
とお願いしている意味になります。

ですから、
慎重に使うのは言うまでもありません。
特に上司や取引先など目上の方にはなおのことです。

また了解をお願いする類義語は
他にもいつくつかありますが
「ご容赦下さい」は自分の失敗や過失などに
ついて許しを請う言葉と考えておきましょう。

「ご容赦ください」には
単に失敗や過失を詫びるだけでなく
「許してください」との願いが込められています。

ですから、
相手から自分の失敗や過失を指摘される
前に使うのが基本と言えます。

また、「ご容赦ください」は、
ビジネスなどで自分の失敗や過失を相手に
許してもらいたいときに使う言葉です。

単に自分の過失を謝りたい場合は、
「申し訳ございません」
の方が相応しいでしょう。

間違われやすい言葉として
「ご了承ください」があります。

これには許してもらいたいとの
意味はないので注意が必要です。

「ご容赦ください」は、
ビジネスメールなどで多く使われていますが
むやみやたらに使うべきではありません。

使い方によっては
目上に失礼になる場合もあるからです。
そして、部下や同僚には使うべきではありません。

注意喚起の張り紙的に使われることが多く
対面で使うには少し失礼になるケースもあります。

ですから、目上の人に対して使う場合は
特に注意が必要になります。

「ご容赦下さい」ビジネスシーンでどう使う?

ビジネスシーンで「ご容赦ください」
を使用した例文をあげてみましょう。

「使用済み製品の返品には対応いた
しかねますこと何卒ご容赦ください」

「当日は商品がなくなり次第、
販売終了とさせていただきますので、
その際は何卒ご容赦くださいますよう
宜しくお願い申し上げます」

このような使い方が挙げられます。

「ご容赦ください」のみでも良いのですが、
「何卒」をつけることにより
より丁寧な印象を与えることができます。

その他に以下のようなケースで使われます。

事前の断りをいれる

事前に断りをいれ前もって許してほしい場合に使います。

・売り切れの際はあらかじめご容赦ください。
・当日は混雑が予想され、入場を制限する場合があります、
 あらかじめご容赦くださいますようよろしくお願いいたします。
・注文確定後のキャンセルは致しかねますので
 あらかじめご容赦ください。
・お振込み後の返金はご容赦ください。

行き違いを謝罪する

相手に連絡や報告をした際、既に対応済の場合があります。

・先月分の請求が未納となっており連絡さしあげました。
 既に対応済みでしたらご容赦下さい。
・システムエラーがあったとの報告がありました。
 既に対応済でしたらご容赦下さい。
・アンケートの提出期限が本日となっております。
 既に対応済でしたらご容赦下さい。

リマインドメールにも使える

行き違いが生じやすいのが「リマインドメール」です。
リマインドメールは、業者が期限の前に
自動で設定してあることがほとんどです。

ですから、
メールが送られる日に振込がされていた。

「振り込んだのに督促メールが来た!」
こんな誤解を招くこともありますね。

そのような事態を避けるために
「本メールと行き違いですでに振込が
完了されている場合はご容赦下さい」

このような記載は目にすることが多いと思います。
下記のようなような一文もよく目にしますね。

・なお、本メールと行き違いになっている場合は何卒ご容赦ください。
・既にお振込みいただいている場合でも
 本メールが送信されている場合がございます。
 ご容赦くださいますようお願いいたします。

「ご容赦」と「ご承諾」はどう違うのか

「ご容赦」と似た言葉が「ご承諾」です。

「ご承諾」は許しを請うというよりも
相手の意見や希望を、要求などを聞いて受け入れる」

このような意味があり、「ご容赦」「ご承諾」
どちらを使っても意味が通じてしまうケースもあります。

似たような意味を持つ言葉であっても
ビジネスシーンにおいては使い分けて下さい。

「ご容赦」は「非礼を先に詫びておきたい場面」
このようなシーンで使って下さい。

「ご承諾」は「非礼を理解してもらいたい場面」
で使うのがベストです。

どこが違うのかというと、失敗や非礼はないが、
これからかけてしまう可能性があるとき、
あるいは、結果的に迷惑をかけてしまう場合
「ご承諾下さい」を使います。

例をあげると、

「〇〇日~〇〇日道路工事のため通行止めとさせて頂きます」
「ご承諾のほどお願い申し上げます」

「天候などにより到着時刻が遅れる場合がございます」
「お急ぎのところ申し訳ありませんがご了承くださいませ」

「ご契約内容については予告なく変更される場合があります」
「あらかじめご了承下さいませ」

「ご予約の時間に20分以上遅れた場合、
ご予約をキャンセルとさせて頂きます」
「あらかじめご了承くださいませ」

このように、あらかじめ通知を行っていたり
迷惑をかけることが仕方がない場合
「ご承諾下さい」を使います。

ご容赦くださいの効果的な使い方

どんなに優れたプロ野球の名手でも
エラーなしはありえません。

同じように、
仕事でのミスはいくら気をつけていても
出てしまうものです。

私も営業駆け出しの頃はミスの連続でした。
特にお客様のところで粗相をしでかしてしまったときは
必ず「何卒、ご容赦ください」を使っていました。

ふとした瞬間にミスをしてしまうこともあります。
不可抗力のミスで周りに迷惑をかけることもあります。

けれども、発生してしまったミスに対して、
どれだけスムーズに対応が出来るのか。
これが優秀であるかどうかの分かれ目と言えます。

これはある方の受け売りなのですが
「大企業で出世できる人はクレーム対応が上手くできる人」
なのだそうです。

「ご容赦下さい」という言葉は、
ミスをリカバリーしてくれる一言とも言えます。

この一言を言うのには勇気もいると思います。
責任感も必要だと思います。

その場しのぎで使ってしまい
その後の改善がなされなければ
あなたの信用をさらに落としかねません。

逆に言うと言葉には力がある。

心を込めて発した「ご容赦ください」は
相手に良い印象を与えることが出来ますし、
発したあなた自身にもさらなる責任感が生まれます。

「ご容赦下さい」を本当の意味でマスターして下さい。

間違いなく大きく進歩成長できます。
さらに素晴らしいあなたになれているはずです。
是非、仕事に役立ててみて下さい。




【スポンサードリンク】