「お世話になります」はこれから世話になる人への感謝の言葉

【スポンサードリンク】

「お世話になります」
「お世話になっております」
使ったことがない人はいないでしょう。

「お世話になります」は
これから世話になる人への大切な言葉。

「お世話になっております」は
日頃お世話になっている人への感謝の言葉。

ビジネスメールや営業電話、訪問面談、
ビジネスシーンでは頻繁に使われる言葉です。

しかしながら、
正しい使い方を知る人は
少ないかもしれません。

よく使われる言葉ではありますが、
何となく習慣で使ってはいませんか。

実は、間違った使い方を
している事も多いのです。

具体的に「お世話になります」は
どのような場面で使うのでしょうか。

今回は、「お世話になります」の
意味や使い方、「お世話になっております」
との違い、例文、類語などを
考えてみたいと思います。

「お世話になります」の意味

「お世話になります」の「お世話」とは
「お世話をする」などに使われるように
「面倒を見る」との意味があります。

それ以外にも
「間に入って関係を取り持つ」
「手間がかかる」
このような意味もあります。

「就職先の世話をする」「世話が焼ける」
このように使いますね。

ビジネス上使う「お世話になります」は
後者の意味合いが強いです。

「いつも関係を取り持って
いただいてありがとうございます」
との感謝を表現した言葉です。

そのため、「お世話になります」は
ビジネスシーンで相手への感謝を
表す表現として使われています。

これから面倒を見てもらう、
間に入って関係を取り持ってもらう、
手助けをしてもらうときの挨拶として
使われることが多いでしょう。

ビジネスでの「お世話になります」は、
これから関係が始まっていく方に対して
使われる傾向があります。

本来であれば、初対面の人には
使わない表現ですが、
ビジネスでは会社同士の
お付き合いが基本です。

前任者から引き継ぎの場合などには、
「初めまして」代わって「お世話になります」
でも良いでしょう。

「お世話になります」の使い方

「お世話になります」は
目上に対して使います。

先にも述べましたが、「お世話」には
「関係を取り持つ」と言った意味があるため、
取引先や顧客に使うことがほとんどです。

使い方をあげてみましょう。
・お世話になります、〇〇社の〇〇です
このように使うケースが多いですね。

「お世話になります」は社内の上司には使いません。

社内の人には「お疲れ様です」「おはようございます」

などそのときの状況に合わせた言葉を使いましょう。
社内の人に「お世話様です」は丁寧すぎて違和感があります。

ただ、会社によっては「お世話になります」を
普通に使う会社もあるようですから
社風にあわせて使い分けて下さいね。

「お世話になっております」の使い方

「お世話になります」とよく似た言葉に
「お世話になっております」があります。

「お世話になります」が
「これから」お世話になりますを
表すのに対して、

「お世話になっております」は
「いつも」お世話になっていますを
表します。

ただお世話になっていることを
伝えるだけでなく、相手に対して
感謝を伝える言葉でもあります。

普段何気なく挨拶がわりに使う言葉ですが、
相手への感謝の気持ちを伝える言葉です。
心を込めて使いたいものですね。

「お世話になります」同様に、
「お世話になっております」は
社内の人に対して使うべきではありません。

「お世話になっております」
例文をあげておきましょう。

取引先への使い方

・いつもお世話になっております。
 〇〇株式会社の〇〇です。
・平素より大変お世話になっております。
 この度は〇〇の件でご連絡差し上げました


かねてから取引や親交のある
相手に対して最初の挨拶に使います。

そのため、まだ面識のない企業やお客様に
この言葉を使うのは不自然です。

初対面の人への使い方

初対面の企業やお客様に対する挨拶では
「お世話になっております」よりも、
「お世話になります」が適切です。


但し、
初対面であってもこれまで会社同士で
お付き合いがあったり、身内がお世話に
なっている相手に使う分には自然です。

・はじめまして、
 平素より大変お世話になっております。
 〇〇株式会社の〇〇です。

・はじめまして、
 〇〇株式会社の〇〇です。
 平素は〇〇が大変お世話になっております。

「お世話になります」の例文

「お世話になります」の
例文を場面ごとに紹介します。

対面の場合

「この度、〇〇営業所に移動することになりました。」
「今後ともお世話になることもあるかと思いますが、
その際は何卒よろしくお願い申し上げます。」

「本日よりお世話になります。〇〇と申します。」
「不慣れな点も多く、皆様にご迷惑をおかけする
こともあるかと思いますが、精一杯やりますので
どうぞよろしくお願いいたします。」

「本日からこちらでお世話になる〇〇と申します。」
「どうぞよろしくお願い申し上げます。」

「先日は大変お世話になり、誠にありがとうございました。」

ビジネスメール

「初めまして、〇〇株式会社の〇〇と申します」
「今後お世話になります。」

「先日御社にお伺いした節は、大変お世話になりました。」

「日頃より何かとお世話になり、誠にありがとうございます。」

電話

「いつもお世話になっております。」
〇〇株式会社の〇〇と申します。」

「株式会社〇〇の〇〇と申します。」
「平素より大変お世話になります。」
「〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか」

「平素よりお世話になります。」
「〇〇事務所の〇〇です。」
「この度は先日の件でご連絡しました。」

「お世話になります」と言われたときの正しい返事

相手先から「お世話になります」
と言われた場合、
どのように返事をすればよいのでしょうか。

例としては以下のような返事になります。

・「いつもありがとうございます」
・「日頃よりご愛顧感謝いたします」
・「こちらこそ、いつも大変お世話になっております」

相手がお客様の場合はこちらから
「お世話になります」「お世話になっております」
を言うのが礼儀です。

ですが、もし、
お客様側から言われた場合には、
上記のように感謝の意を述べるようにしましょう。

急な来電などでは、「お世話になっております」
とこちらから言うのは難しい場面もあります。

「お世話になっております」と言われた場合、
きちんと受け答えができると
印象は良くなります。

しっかりと受け答えが
出来るようにしましょう。

営業マンは「お世話になります」をしっかりマスターすべき

「お世話になります」
「お世話になっております」は
ビジネス上良く使われる言葉です。

そのためか、
使いやすい言葉のため乱用もされがちです。

良く似た表現ですが、
初対面なのか継続して取引があるのか。
それで使い方は違ってきます。

また、挨拶の言葉は対面・メール・文書
を問わず、礼儀やコミュニケーションと
して必須です。

ただ、敬意や感謝を表す言葉でもあるため
毎回形式的な決まり文句というのも
どうかと感じます。

相手の状況に合わせて
できるだけ具体的な言葉にする。

相手の立場を考えることによって
こちらの気持ちも伝わるはずです。

相手に対してこれからどのような
姿勢で接していきたいのか。
あるいは、日頃の感謝を伝えたいのか。

その気持ちを表す言葉と言えます。

あなたが取引先やお客様を
どう思っているのかが言葉以上に
大切なことは言うまでもありません。

お伝えしてきたように、
「お世話になります」は、
とても便利で使いやすい表現です。

しかし、
繰り返しになってしまいますが
使い方には注意も必要です。

「お世話になります」
「お世話になっております」
を正しく使い分け良好な
人間関係を作っていきましょう。



【スポンサードリンク】