「お取り計らい」のNG例とお勧め文例30選


【PR】


ビジネスシーンにおいて、
「お取り計らい」という敬語を
聞くことがあるかと思います。

皆さんは「お取り計らい」という
敬語の正しい意味や使い方をご存知ですか?

「お取り計らい」と言う言葉を今まで
使ったことがない人も多いと思いますが、

ビジネスシーンにおいて
口頭やメールで使用可能な表現
です。

「お取り計らい」は「取り計らい」の
丁寧な表現であるため、

敬語として目上の人や上司、
クライアントに対して使うことができます。

「お取り計らい」は、

「お取り計らい頂きますよう、よろしくお願い申し上げます」
「お取り計らいいただき、ありがとうございました」

など”依頼”や”感謝”を表現する使い方が一般的。

「お取り計らい」の類語(言い換え表現)
を知っておくことで、

細かなシチュエーションに
対応可能となります。

「お取り計らい」の意味や使い方を
具体的に答えられるかどうか怪しいかも、
という方、

正しい意味や例文・使い方・類語を
記事にしていますので、
是非参考にしてみてください。

「お取り計らい」の意味

「お取り計らい」とは、
「取り計らい」の丁寧表現です。

そして「取り計らい」の意味は、
あれこれと便宜を図り対処・
対応することです。

誤用として相手へ気づかいや配慮、
心配りをすることという解釈されますが、
取り計らいの意味として間違いです。

敬語表現として「お取り計らい」は、
正しい敬語です。

しかし、
注意点として取り計らうという言葉には、
細々したことを処理する意味があるので、

目上の人に使うのに抵抗を
感じる人もいるかも知れません。

また、
この言葉を受けた目上の相手の中にも、
敬意を感じられないという人もいます。

「お取り計らい」の使い方

「取り計らい」の使い方には
以下のポイントがあります。

相手に感謝する時に使う



「取り計らい」は、
相手に感謝の気持ちを伝える時に使えます。

過去に相手が自分に対して
特別に優遇してくれたり、

大きな支援をしてくれた時などに
「ありがとうございます」「感謝いたします」
などの言葉を続けて使います。

相手にお願をする時に使う

「取り計らい」のもう1つの使い方に
相手にお願いをする時があります。

これから相手に対して
根回しや支援をお願いしたい時に

「宜しくお願い致します」
などの依頼の言葉を付けて使います。

特別に動いてくれた時に使う

ビジネスでは、
最終的な決断に影響したり、

自分達にとって非常に重要なことに対して
何らかの便宜を図ってくる時に使います。

単に
「連絡が欲しい」「午後まで待って欲しい」
などの

小さなお願いごとや
感謝に使うと不自然になります。

「お取り計らい」のお勧め文例30選

1、何卒ご引見のうえ、ご便宜お取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

2、失礼ながら、5月10日に弊社窓口にてお支払いすべき費用を同封いたしますゆえ、よろしくお取り計らいくださいますようお願いいたします

3、勝手なお願いで申し訳ございませんが、よろしくお取り計らいのほど、お願い申し上げます

4、月末締めの翌月25日払いによる銀行振込となります。よろしくお取り計らいのほどお願い申し上げます。

5、失礼ながら、弊会受付にてお支払いすべきはずの会費を同封いたしますゆえ、よろしくお取り計らいのほど、お願い申し上げます。

6、格別のお取り計らいをいただけますようお願い申しあげます。

7、御社のご都合がよろしい日時に、1時間程工場見学のご手配をお取り計らいいただきたく存じます。

8、○○を別便にてご返送申し上げましたので、よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

9、10月5日までに当社に到着するように、お取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

10、この機会にぜひ当社製品「○○」のご導入のご検討をお取り計らいいただきますようお願い申し上げます。

11、先日の件、お取り計らいいただければ幸いです。

12、貴社訪問の件、お取り計らいくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

12、弊社提案の件、ご検討の程、お取り計らい頂きますよう、よろしくお願いします。

13、是非、斎藤部長にお取り計らい頂きますよう、何卒よろしくお願い致します。

14、この度の件、どうぞお取り計らい賜りますよう、何卒お願い致します。

16、先日はお取り計らいいただき、ありがとうございました。

17、社長様と面談の件、お取り計らい頂きまして、心より感謝申し上げます。

18、取引先との打ち合わせの際、お取り計らいいただきまして誠にありがとうございます。

19、お忙しいところ恐縮ではございますがご査収の上、お取り計らいのほど宜しくお願いいたします。

20、今回の提案について、お取り計らいのほどよろしくお願いいたします。

21、プロジェクトの進捗状況ですが、お取り計らいのほどよろしくお願い申し上げます。

22、このたびの処理について、お取り計らいのほどお願いいたします。

23、来月の人事異動の際には、お取り計らいのほどよろしくお願いします。

24、新規事業を起ち上げますので、今後ともお取り計らいのほど、よろしくお願いいたします。

25、まだ入社したばかりの新人ですが今後ともお取り計らいのほど、お願い申し上げます。

26、プロジェクトを始めるにあたって今後ともお取り計らいのほど、よろしくお願いします。

27、私は転勤いたしますが、残されたスタッフについて今後ともお取り計らいのほど、よろしくお願いします。

28、お願いしてあった作業に対してお取り計らいいただきまして、誠にありがとうございます。

29、結婚式の進行につきまして色々とお取り計らいいただき、感謝申し上げます。

30、今回のトラブルに関して適切にお取り計らいいただき、大変ありがとうございます。

「お取り計らい」のNG例

・お取り計らいいたしましたが、あいにく、、、
・いま、お取り計らいいたしますが、よろしいでしょうか。
・ほんの気持ちですが、お取り計らいください。
・ご丁寧にお取り計らいください。
・お取り計らいするにはやぶさかでない。
・あなた様に、是非、お取り計らいしておきたいのですが、、、
・なにとぞ、あしからず、お取り計らいください。

このような使い方は誤りです。

「お取り計らい」の類語・言い換え

ここでは
「お取り計らい」の類語表現や
言い換え方についてお伝えします。

【類語・言い換え表現】

  • お力添え
  • ご尽力
  • ご配慮
  • お気遣い
  • お心遣い
  • お心配り

このような言葉が当てはまります。

「お取り計らい」営業マンはどう使うか

「お取り計らい」は
「良い結果になるように相手にうまく処理していただくこと」
を意味し、

相手の苦労をねぎらい、
感謝の気持ちを込めることができる
便利な言葉です。

上司や目上の方に使えますが、
少し堅苦しい印象を与える表現のため、
紹介した類語と上手く使い分けながら、

メールや手紙はもちろん、
直接伝えるときなど、
様々な場面で使ってみてください。

私は会計事務所から仕事をいただくとき、
クライアントから紹介をいただくとき、
この言葉を良く使っていました。

敬語は社会人として、
常識と言われるスキルです。

上手く話したり使えたりしないと、
恥をかくことになるだけでなく、

相手に失礼な印象や
不快感を与える危険性もあります。

「お取り計らい」という言葉は、
お礼を言う時も、
頼み事をする時も使える言葉なので、

意味や使い方を覚えておくと、
大変便利です。

敬意を払いたい相手や
敬語を使うべきシーンで使うことで、

相手に不快な思いをさせたり、
恥をかいたりすることなく、
会話をすることができます。

「お取り計らい」は、
言い回しのバリエーションが
大変幅広い言葉です。

また、
同義語・類義語も複数存在します。

さまざまな言い回しを覚えて、
言い回しのバリエーションを
増やしていきましょう。



【スポンサードリンク】



覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき