「ご迷惑とは存じますが」親しい人の手をわずらわす

【スポンサードリンク】

用例:ご迷惑かとは思いますが、なにとぞ…
用例:ご迷惑をおかけしますが、ぜひ…
用例:ご面倒をおかけしますが、よろしく…

知り合いや友人など比較的親しい人に
依頼ごとをするときに使いたい言い回しが、

「ご迷惑とは存じますが」です。

この言葉は、ビジネスシーンはもちろん、
日常的なさまざまな場面で幅広く使えます。

ご迷惑の意味とは?

まずは、
「ご迷惑」の意味を考えてみましょう。

辞書を引いてみると「迷惑」とは、
ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、
不快を感じたりすること、またはそのさま。

「迷惑」に丁寧な表現をつくるための「ご」
を付け加えて「ご迷惑」になります。

「ご迷惑をかけてしまい申し訳ございません」
「ご迷惑をおかけします」

不利益や不快感を与えてしまい
申し訳ありません、すみません。

このような謝罪の意味が
込められていることが少なくありません。

気軽な頼みごとでも、

謝罪の意味が込められる事の多い
「ご迷惑」ですが
気軽な頼みごとに使えます。

まず最初に
「ご迷惑かと存じますが」
「ご面倒おかけしますが」などの

謝罪の事をひとこと述べてから
本題を切り出すことです。

なぜならば、
親しい間柄であっても、依頼ごとを引き受けるのは、
面倒なことに変わりないからです。

しかし、

面倒なことといっても、

会合の司会やスピーチ程度の依頼であり、
本当に迷惑な借金や保証人を依頼する場合などには
使える言葉ではありませんので注意が必要です。

「ご迷惑を」を使った例文

謝罪などに使われる「ご迷惑」を
使った例文を紹介しておきます。

手紙の文面やメールなどでも使えます。
もちろん、
ビジネスシーンでも活用できます。

・ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
・ご迷惑をおかけしております。
・提案内容の誤りについて、ご迷惑を
おかけしたことを深くお詫び申し上げます。
・この度は、多大なご迷惑をおかけしまして、
深くお詫び申し上げます。
・〇〇様にはご迷惑をおかけしますこと、
深くお詫び申し上げます。
・大変ご迷惑をおかけしましたことを
深くお詫び申し上げます。
・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしました。
・ご迷惑をおかけすることと存じますが、
何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。
・大変なご迷惑をおかけしておき、
弁解するつもりはありませんが…

「ご迷惑」を使わずお詫びの気持ちを伝える場合

参考までに「ご迷惑」を使わずに
謝罪を伝えるフレーズを紹介しておきます。

・お詫び申し上げます。
・深く反省しております。
・弁解の余地もございません。
・ご心配をおかけしました。
・勉強不足で申し訳ないことでございます。

このような言い回しの前後には
謝罪の内容に加えて、
自分の気持ちを伝えることが大切です。

「ご迷惑」を使わずに何かを依頼する場合

「ご迷惑」を使わずに
相手に何かを依頼する際のおすすめは
下記のようなものがあります。

「お手数をおかけしますが、
何卒宜しくお願い申し上げます」

「大変恐縮ではございますが、
何卒宜しくお願い申し上げます」

また、ビジネスシーンにおいては、

同じ社内の人間関係よりは、
取引先の相手に対し、

何かお願いごとする場合に、

「ご迷惑をおかけしますが、
 明日までによろしくお願いします」と

使うことが出来ます。

あくまでも謙虚な物腰で、
やんわりと伝えることが大事です。

特に若い頃や初心者段階では
何かと手伝ってもらうことや
お願い事が多いものです。

「ご迷惑をおかけしますが…」
を使って周りの力を借り
自身の成長へと繋げていきましょう。

「ご迷惑をおかけします」はシーンが重要

気軽なお願いをするときに使える言葉が
「ご迷惑をおかけしますが…」です。

ここまでお伝えしてきた
「ご迷惑をおかけしますが…」は
何かを手伝ってもらう、協力をしてもらう。
相手に何かを依頼するシーンでの活用法です。

これから迷惑をかけることを
事前に謝罪をしておくことによって
協力をしてもらいたいときに使います。

そのうえでもう少し詳しく
「ご迷惑」の使い方を考えてみましょう。

「ご迷惑」の意味は
「相手が不利益を受けたり困ったりすること」
です。

同じ「ご迷惑をおかけします」でも
シーンとケースによって使い方が異なります。

誰もが大なり小なり自分の行いが原因で
相手を困らせたり不快な思いを
させてしまうことがありますよね。

このようなときにも「ご迷惑」を用います。

「ご迷惑をおかけします」
は基本、謝罪に使う言葉と考えて下さい。

例をあげます。
「先日の提案に一箇所誤りがありました。」
「ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。」

「弊社納品に不都合があり、
御社には大変ご迷惑をおかけしました。」

「ご迷惑をおかけしますが…」と
「ご迷惑をおかけします」には
このくらいニュアンスの違いが
あることを理解して下さい。

「ご迷惑をおかけします」何をお願いしているかが重要

同じお願いをしているのに
どこが違うのでしょうか?

「ご迷惑をおかけしますが…」は
未来に起こりえることをお詫びしています。

先にお伝えしてきた気軽な
お願い事をする場合以外にも
「ご迷惑をおかけしますが…」
を使うケースは少なくありません。

転勤や配属等が変わり、
なおかつ、未経験の職務になる場合
「ご迷惑をおかけしますが…」
と使う場合が多いと思います。

この場合、
あなたが周りにかける迷惑とは何でしょうか?

知識や経験がないため周りの足を引っ張る。
人間関係が希薄なため
悪気なく周りに不快な思いをさせてしまう。

こんなケースが考えられます。

それを予め了解・理解してもらうために
「ご迷惑をおかけしますが…」
を使って挨拶をするのが良いでしょう。

一例をあげます。

「この度お世話になることになりました
〇〇と申します。」
「精一杯頑張る所存ですが、
何分この職務は初めてでございます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが
どうか宜しくお願いいたします。」

このような感じになります。
※あくまで例文ですので参考までに

間違いも多い「ご迷惑をおかけしますが…」の使い方

「ご迷惑をおかけしますが
宜しくお願いします」
良く使われる言い回しです。

実はこれはビジネス敬語としては不適切です。

なぜなら、先にも綴りましたが
「迷惑」は相手に不利益を与えてしまった時
に使う言葉だからです。

「ご迷惑をおかけしますが
宜しくお願いします」は

「不利益を与えてしまいますが
宜しくお願いします」
との意味になってしまうからです。

相手にとって不利益が生じることが
わかっていてお願いをするのは
失礼な行為ではないでしょうか。

このような理由から
「ご迷惑をおかけしますが
宜しくお願いします」」は
ビジネス敬語としては使うべきでありません。

このような場合「お手数をおかけしますが」
に言い回すのが良いでしょう。

「ご迷惑」が「お手数」に変わっただけで
全く意味が異なってきます。

「ご迷惑をおかけしますが」は、意味と使い方を理解することが大切

今回は「ご迷惑をおかけしますが…」
の使い方を考えてきました。

「ご迷惑をおかけしますが、
よろしくお願いします」というフレーズは
良く耳にする言葉です。

ですが、「迷惑」の言葉の意味を考えると
失礼な一言と受け取られかねません。

相手次第では悪い印象を与えかねないため
状況によりますが「お手数おかけしますが」
と言い換えるのが良いでしょう。

「ご迷惑」の類義語としては
「ご心配」「ご面倒」「手間」「お手数」
などがあります。

ビジネス敬語は「ご迷惑をおかけします」
「ご迷惑をおかけしますが」に限らず
紛らわしい表現が多いです。

けれども、
類義語を入れ替えることによって
正しいビジネス敬語にすることが出来ます。

「ご迷惑をおかけします」
「ご迷惑をおかけしますが…」
に限りませんが、

しっかりとした敬語表現を身に着けることは
ビジネスマンにとって
大切なことの一つなのです。



【スポンサードリンク】