「ご厚情」のお勧め文例30選とNG例

ご近所でご不幸があり
お斎の席にも座らせていただきました。

喪主が挨拶を始めます。
「生前よりご厚情を賜り…」

「ご厚情」という言葉をご存知でしょうか。

「ご厚情」(御厚情)は、
式典や葬儀のようにフォーマルな場面や、

年賀状・御礼状の書面において
「厚情を賜り」などと使う言葉です。

「ご厚情」というフレーズは、
一見、非常に堅苦しい文章に見えますが、

「いつもありがとうございます」
という意味を丁寧に表現している言葉です。

正式なビジネス文書をはじめ、
多くのビジネスシーンで使用できます。

ただ「ご厚情」は使い方を間違ってしまうと、
相手に不快感を与えてしまうため
使用する際は気をつけなければなりません。

「ご厚情」とは、情けや思いやりなど、
親切にしてもらったことに対して
使われる表現
です。

ビジネスシーンでは
手紙やメールなどの挨拶文として
広く使われています。

ビジネスシーンにおいて
相手に感謝を伝えることは、

円滑な人間関係を築くためにも
非常に重要です。

気持ちやシチュエーションに
応じたフレーズを選択できるよう、

「ご厚情」以外の類語も
身につけておくと安心でしょう。

そこで今回は「ご厚情」の意味や使い方、
使用上の注意点について記事にしました。

「ご厚情」の意味

「ご厚情」は「ごこうじょう」と読みます。

「ご厚情」は
「深い・厚い情け。思いやり。親切な心」

という意味を持つ「厚情」という言葉に、
接頭辞の「ご」を付けた尊敬表現です。

「ご厚情」とは、

目上の人が親切にしてくれたことに
対する尊敬と感謝の気持ちを込めた言葉

となります。

「ご厚情」の使い方

ビジネスでは
比較的目にすることも多い言葉ですが、

いつ使えばいいのかわからない
という人も多いでしょう

「ご厚情」は、
基本的に堅いかつフォーマルな言葉なので、

日常生活において
使用することはあまりありません

葬式や結婚式、
もしくは祝賀会や歓送迎会さらには宴会など、

フォーマルな式典や
ビジネスシーンで使用されることが多いです

それだけでなく、
ビシネスにおける取引先相手への
暑中お見舞い状や感謝状などにも使われます。

ビジネスにおいて
相手から親切にされたときなどには、

ぜひ積極的に「ご厚情」を
活用してみましょう。

次に、「ご厚情」を使う際の
注意点をあげておきます。



注意点① 目上の人以外には使えない

まず注意しておきたい点として挙げたいのが、
「ご厚情」は目上の人以外には
使用できないということ。

「ご」は尊敬を意味した接頭語なので、
基本的には目上の人に使用します

かえって部下など、
目下の人に対して
タイミングを誤って使用した場合、

改まりすぎて
失礼にあたってしまうことも


日頃からお世話になってり
上司や取引先に対するメールや手紙に
使用することをおすすめします。

注意点② ご厚情してくださいはNG

「ご厚情してください」という言葉は、
使用しないよう注意しておきましょう

基本的に、
「ご厚情」は自分に対して使用できません


「ご厚情してください」と言った場合、
「あなたからの思いやりをください」

という意味になってしまい、
おこがましい印象を与えてしまいます。

相手に対しても失礼にあたるので、
「ご厚情してください」
と言うのは控えましょう

注意点③「ご厚情」を使った文章は、意味が被らないよう注意する。

「ご厚情」を使用する文章の場合、
意味が被らないよう注意することも
必要不可欠です

「ご厚情」という言葉には、
「親切心」「思いやり」
といった意味がもともと含まれているため、

同じような意味を持つ言葉を
使用した場合、
意味が重複してしまうことに。

「深いご厚情」「ご厚情心」
といった言葉は、

意味の重複になっているので
使用しないよう注意してください。

「ご厚情」のお勧め文例30選

「ご厚情」を使った例文を紹介します。
参考にしてください。

1、昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。

2、今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

3、当店は今年で開店10周年を迎えることができました。これも皆様のご支援ご厚情の賜物でございます。心より感謝いたします。

4、今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。

5、日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

6、この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。

7、渡辺様のご厚情に痛み入ります

8、寛大なるご理解いただきました上に温かい励ましのお言葉まで頂戴し、ご厚情に痛み入ります。

9、子猫の件ですが、すでに引き取り先が決まってしまったため、ご厚情にお応えすることができません。大変申し訳ございませんでした。

10、わかりました。ご厚情にお応えすることができるよう、精一杯頑張ります。

11、私どもの結婚に際してお祝いの品だけでなくお祝いの言葉まで頂戴し、ご厚情深く御礼申し上げます

12、皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。

13、この度はご厚情あふれる励ましのお言葉をいただき、深く感謝申し上げます。

14、この度は私どもの結婚に際して、お忙しい中ご出席をいただい上にご祝辞を賜り、ご厚情に感謝申し上げます

15、平素よりいろいろとご厚情をいただき、誠にありがたく存じます。

16、寛大なるご理解いただきました上に温かい励ましのお言葉まで頂戴し、ご厚情に痛み入ります

17、ご厚情にお応えすることができるよう、精一杯頑張ります。

18、松尾様のご厚情につきましては、常日頃から感謝の気持ちでいっぱいです。

19、ひとかたならぬご厚情をいただきましたこと心から御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

20、ご厚情あふれるお言葉に、恐縮することしきりです。

21、予選を勝ち抜き無事に最終選考まで残ることができました。皆様のご厚情の賜物と、感謝しております。

22、この度私は3月末を持って弊社取締役を退任する運びとなりました。長年にわたり格別のご厚情賜りましたこと、感謝申し上げます。

23、本日夫婦となったばかりの若い二人に成り代わり、今後皆様から一層のご厚情賜りますようお願い申し上げます。

24、お忙しい中ご配慮いただき誠にありがとうございます。和久井様のご厚情痛み入ります

25、妻の入院に際し病院へ口添えいただいたと聞き、ご厚情痛み入る思いです。

26、○○中は、格別のご厚情とご指導を賜り、厚く御礼申し上げます。

27、このたびは、〜頂戴いたしまして、ご厚情に深く御礼申し上げます

28、ご支援ご厚情を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

29、日頃よりご厚情を賜っております皆様をお招きいたしまして、クリスマスパーティーを催したいと存じます。

30、私どもの結婚に際しまして、ご丁重ななご祝詞を賜わりました上に、結構なお祝いの品まで賜り、ご厚情あつく御礼申し上げます。

「ご厚情」のNG例

・(目下に)日頃のご厚情ありがとうございます。
・(同僚に)今回は仕事を手伝ってもらってご厚情に感謝します。
・恐れ入りますが、ご厚情願いたいのですが。
・折り入ってご厚情していただきたいのです。
・この度の件、心よりご厚情して下さい。
・平素は誠に親切に思いやりにあふれたご厚情をいただき感謝しております。
・今後とも変わらぬご愛顧、ご親切ならびにご厚情賜りますようよろしくお願い申し上げます。

このような使い方は言うまでもなくNGです。

ご厚情の類語表現

「ご厚情」には、
様々な類語が存在します。

今回は、
「ご厚情」と言い換えられる類語
7つご紹介します。

  • ご愛顧
  • ご厚誼
  • ご高配
  • ご配慮
  • ご厚意
  • ご交誼
  • ご恩情

それぞれ少しづつニュアンスが異なります。
「ご高配」「ご厚意」が
近い言葉と思われます。

タイミングや場所に応じて
使う敬語を変えるのが一般的です。

「ご厚情」をビジネスマンはどう使うか

いかがでしたか?

「ご厚情」という言葉を普段、
使うことがあったら、是非、
参考にしてみてください。

この言葉がよく使われる場面としては、
厚い情けや心からの

思いやりの気持ちなどを
表現したい時などが挙げられます。

相手に対して心を寄せて
思い遣ることを「厚情」と表現し、

それを向けられた感謝を示す意味で
「ご厚情」と表現したりします。

例文にあるように、ご厚情という言葉は、
ビジネスシーンやサービス業などで
よく使用される言葉です。

お客様などに対して、
心遣いを頂いた感謝を述べる際に

「ご厚情を賜りまして」
などの表現で使用するものだと
覚えておくようにしましょう。

ご厚情という言葉を使う際には、
相手に向けられるのは
思いやりの気持ちや、気遣いです。

具体的に何か行動を
起こしたわけではないという場合にも

使える言葉であることも
併せて覚えておくようにしましょう。

そして、
心から感謝の気持ちを溢れさせて
この言葉が伝えられたら最高です。



【スポンサードリンク】


覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき