「ご足労」は会いに来てくれた人を労う言葉

【スポンサードリンク】

先日所要があり遠方へ出かけました。
訪問先で「ご足労いただき申し訳ありません」
こんな一言を頂きました。

この「ご足労」には
どんな意味があるのでしょうか?
どんな場面で使えばよいのでしょう?

目上の人に対して、
上司や取引先の相手に対して、
「ご足労をおかけします」
という言葉を使うことがあると思います。

日常会話ではそこまで使う
言葉ではないためか、

どんなタイミングで使えば良いのか、
どのような言い回しで用いれば良いのか、

よくわかっていない人も
実は多いのではないかと思います。

今日は「ご足労をおかけします」の
意味や使い方、似た言い回しなどを
考えてみたいと思います。

「ご足労」の意味

「ご足労」は「ご」と
「足労」にわけられます。

「足労」は「行く」や「来る」
を丁寧に表現した言葉です。

ご足労とは
「わざわざお越しいただいた」
という意味です。

「足元が悪い中」といった意味も含まれ、
柔らかな意味合いの言葉です。

また、
本来はこちらから会いに行くべきところを
わざわざ相手の方が会いに来てくれた。

このことに関する感謝の気持ちも一緒に
「ご足労」という言葉で表しています。

ですから、相手が会いに来てくれた際は
ご足労を用いてお礼を一言添えると
相手もこちらも気持ちが良いでしょう。

「ご足労」を使う場合は、
「ご足労頂きありがとうございます」
「ご足労頂きありがとうございました」

といったように、
相手を労う思いを直接伝えるか、
ビジネスメールで送るようにしましょう。

「ご足労」の使い方

「ご足労いただき」は
来てもらった後に使うのがベスト

「ご足労」の意味のひとつに
「わざわざお越しいただいた」
との意味があります。

このようなケースでは来てもらった後に
使うのがベストと言えます。

「ご足労」は基本、
どのような場面でも使える敬語です。

その中でもお礼として使うのが
最もよい使い方でしょう。

「ご足労いただきますが」
との使い道もありますが
「ご足労頂きありがとうごじました」

このような使い方が良いでしょう。

相手を労う思い

「ご足労」は相手がわざわざ時間を割いて、
自分のところへ来て頂いたことに対する、
道中の疲れを労う思いの表れでもあります。

ビジネスの場では、いかに自分を下げて
相手を立てる話し方ができるかどうかで
営業マンとしての資質を評価されることも
少なくありません。

言葉の上で自分を下げて
相手を立てることによって、

相手の意思や存在を尊重する。
大切に思っている気持ちを
表しているのです。

そのため、ビジネスで用いられる
自分をへりくだった表現は
相手に対する思いやりの気持ちなので、

その言葉を受ける側の人は
決して悪い気分になったりはしません。

「ご足労」使うタイミング・注意点は?

来ていただく前やその後日

相手に来ていただく前に、

「ご足労おかけしますが、
よろしくお願いします」

と伝えておくと印象が良くなります。

どのような時に使っても
間違いではありません。

ですが、より良い使い方は、来て頂いた後に、

「先日は、ご足労いただき
誠にありがとうございました」

このように、一言添えるのが適切です。

お礼の電話やメールを送る際に、
添えるだけでも相手の印象は
大きく変わります。

目上でも社内の人には使わない

自分の上司につかっても問題ありません。
上司にわざわざ来てもらった時など
使っても良いでしょう


ただし、取引先の人との打ち合わせや、
来客時など、その場に同席した上司に
対して使うのは誤りです。

「ご足労ください」との強要は誤用

「お足労」は
「ご足労下さい」「ご足労お願いします」
など、来ていただく相手に強要する
のは誤った使い方です。

以下「ご足労」を用いた
例文をあげておきましょう。

・ご足労おかけしますが、
 どうぞよろしくお願いいたします。
・交通の便が悪くご足労おかけしますが、
 ご容赦くださいますようお願いします。
・ご足労おかけしますが、
 一度来店の上お手続きをお願いします。
・ご足労おかけしますが、
 再度弊社までお出かけいただきますと幸いです。
・ご足労おかけしますが、
 ご都合のよろしいときご来社くださいませ。
・遠方のためご足労おかけしますが、
 心よりお待ちしております。

目上の相手が来てくれたときに
どんな場面でも使えるのが

「ご足労頂き誠にありがとうございます」
です。

相手が来てくれた時・帰った時の「ご足労」を使った例文

来てくれたとき・ご足労を使った例文

・ご足労いただき誠にありがとうございます。
・本日はあいにくの天候の中、
 ご足労いただきありがとうございます。
・この度は弊社までご足労頂き恐縮です。
 心より感謝申し上げます。
・お忙しいところご足労いただき、
 誠にありがとうございます。
・ご足労をおかけしてしみません。
 お待ちしておりました。
 本日はよろしくお願いいたします。
・皆様にはお手間を取らせて失礼しました。
 弊社までご足労ありがとうございます。

来た後、ご足労を使ったメールの感謝文

・本日はご足労いただきありがとうございました。
 お気をつけてお帰り下さい。
・先日はお忙しいところ弊社までご足労いただき、
 誠にありがとうございました。
・こちらまでご足労いただきお手数おかけしました。
 しかし、現場を状況を、
 ご覧いただけてよかったと感じております。
・取引先の皆様にご足労頂き、
 心より深謝申し上げます。
・弊社までご足労いただきましたこと
 感謝の念に堪えません。
・何度もご足労いただくのは恐縮ですので、
 次回は弊社より貴社にお伺いいたします。

「ご足労をおかけしますが」
は依頼する際の表現です。

ビジネスで目上が出向いてくださるとき
にお礼する言葉としては、

「ご足労いただきありがとうございました」
が最も使われる敬語表現です。

「ご足労」の言い換え・類義語

ここでは「ご足労」の言い換えや
類義語を紹介しておきます。

「ご足労」・来社依頼の言い換え

・弊社までお越しいただけますか?
・おいでいただけると幸いです。
・いらしていただけませんか。
・お立ち寄りください。
・ご来社いただけますか。
・ご来訪いただけますか。

来社依頼の場合はこのように
言い換えることが出来ます。

「ご足労」と「お手数」の違い

「お手数をおかけします」は
「手間や面倒をおかけします」
との意味合いで使われます。

相手に何かをお願いする場合、
「お手数おかけしますが~」
といったように使います。

「ご足労」は相手に足を
運んでもらう場面で使われますが、

「お手数」は相手に何かをしてもらう
ほとんどの場面で使うことができ
社内の人に使っても問題ありません。

また、「お手間」との言葉もあり、
相手が使ってくれた
時間や労力を指す言葉です。

何かをしてもらったときに、
「お手間を取らせてしまって申し訳ありません」
と使ったりします。

「ご足労」をビジネスマンはどう使えば良いのか

「ご足労」という言葉について
理解していただけたでしょうか?

わざわざ事務所に足を運んでくださる
お客様には「ご足労ありがとうございます」
を使っていました。

また、セミナー開催時なども冒頭に、
「本日はご多忙な中、
ご足労いただき心より感謝いたします」

こんな挨拶をしていたこともあります。

ビジネスシーンやかしこまった場面では
良く耳にする言葉です。
実際に使うことも多いでしょう。

相手に足を運んでもらった場面で、
正しい使い方と
相手への感謝の気持ちがあれば
印象が良くなる言葉です。

「ご足労いただき」
「ご足労おかけしますが」など、

それぞれ場面ごとで
ニュアンスは異なってきます。

是非、使い方を参考にして、
活用してください。



【スポンサードリンク】