「本年度もよろしくお願いします」のお勧め文例20選とNG文章例




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



新年度が始まり、ビジネスシーンでは改めての挨拶が欠かせません。「本年度もよろしくお願いします」という言葉は、そんな時によく使われるフレーズです。今回は、この言葉の意味や使い方、類語について分かりやすく解説していきます。ビジネスマンとして、新年度のスタートを切る上で、相手に敬意を表し、良好な関係を築くためにも、ぜひこの機会に挨拶のコツを身につけていただければと思います。

「本年度もよろしくお願いします」とは

ビジネスマンの経験から

私の経験上、新年度のスタートは、目標を新たにし、組織全体の意気込みを高める大切な時期です。この時期に「本年度もよろしくお願いします」という言葉を交わすことは、まさにその意気込みを相手に伝え、同時に信頼関係を再確認する行為です。私が所属する企業では、毎年4月の初めに全社員が集まるキックオフミーティングを開催します。その場で、私たちは互いにこの言葉を交わし、一年間の協力を誓い合います。

また、新しいプロジェクトが始まる際にも、このフレーズは欠かせません。チームメンバーとの初顔合わせの場で、私は必ずと言っていいほどこの言葉を使います。それによって、チーム内のコミュニケーションが円滑になり、プロジェクトの成功に向けた一体感が生まれるのです。以下に、このフレーズを使う際のポイントをいくつか挙げてみましょう。

  • 相手の目を見て言うことで、誠実さを伝える
  • 握手や頭を少し下げるなどのジェスチャーを加えることで、敬意を示す
  • 言葉だけでなく、実際の行動で協力の意志を示す

言葉の力を実感する瞬間

「本年度もよろしくお願いします」という言葉には、単なる挨拶以上の力があります。私が感じたことのある具体例をお話ししましょう。ある年度の始まり、私は新しく配属された部署でこの言葉を使いました。その時の部署の雰囲気は少し硬かったのですが、この一言がきっかけで、部署内の壁が取り払われ、コミュニケーションが活発になったのです。

また、取引先との初めての会議でこのフレーズを使った際には、相手からの信頼を得ることができました。それまでの緊張が和らぎ、お互いにオープンな話し合いができるようになったのです。このように、「本年度もよろしくお願いします」という言葉は、相手に対する敬意と信頼を築くための大切なツールなのです。





類語や言い換え

ビジネスシーンでの類語の使い分け

ビジネスシーンでは、状況に応じて「本年度もよろしくお願いします」と同じ意味合いの類語を使い分けることが求められます。例えば、新年の挨拶としては「新年も引き続きのご支援をお願いいたします」という表現が適しています。また、新しいプロジェクトの開始時には、「新プロジェクトに向けてのご協力をお願いします」という言い方が良いでしょう。以下に、その他の類語や言い換えを挙げてみます。

・「引き続きのご指導を賜りますようお願い申し上げます」 – 敬意を表す表現として、特に上司や先輩に対して使います。

・「今年も変わらぬご愛顧をお願いいたします」 – 長期にわたる取引先に対して使うことが多いですね。

・「新たな年度もご一緒に頑張りましょう」 – チームメンバーや同僚に対して、協力を促す際に用いられます。

言い換えの効果と注意点

これらの言い換えを使うことで、相手に対する敬意や協力の意志をより具体的に伝えることができます。ただし、言い換えを使う際には、相手の立場や関係性、文化的背景を考慮する必要があります。例えば、非常にフォーマルなビジネス関係では、「ご支援を賜りますようお願い申し上げます」といった堅い表現が適している場合があります。一方で、フランクな関係の同僚には、「今年も一緒に頑張りましょう」といった気軽な言い回しが好まれることもあります。

言葉はコミュニケーションの潤滑油です。適切な言い換えを選ぶことで、スムーズな人間関係を築き、ビジネスを円滑に進めることができるのです。そのためにも、日頃からさまざまな表現に触れ、臨機応変に使い分けることが大切ですね。

ビジネスメールでの表現

さて、ビジネスメールで「本年度もよろしくお願いします」というフレーズを使う場合、どのように表現すると良いでしょうか。メールの場合、直接対面で話すよりも、言葉選びがより重要になります。特に新年度の挨拶では、相手に対する敬意と期待を込めた言葉を選ぶことが大切です。例えば、「昨年は大変お世話になりました。本年度も引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます」といった具体的な表現を用いることで、相手に対する感謝と今後の協力への期待を伝えることができます。このように、丁寧な言葉遣いで相手の理解を得ることが、ビジネスマンとしてのコミュニケーションスキルの一つですね。

会議や挨拶での活用

次に、会議や挨拶の場で「本年度もよろしくお願いします」という言葉を使う際のポイントです。ここでは、言葉だけでなく、非言語的なコミュニケーションも重要になります。たとえば、会議の冒頭で「新年度を迎え、心新たに業務に取り組む所存です。皆様のご協力を賜りますよう、本年度もよろしくお願いいたします」と述べることで、チーム全体の士気を高めることができます。この際、落ち着いた声のトーンと穏やかな表情で伝えることで、相手に安心感を与え、信頼関係を築くことができるでしょう。ビジネスマンとして、言葉選びと共に、その伝え方にも注意を払うことが、円滑なコミュニケーションに繋がります。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。

文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

1. 「本年度もよろしくお願いします」を年末に使用する – NG理由: 年度の終わりに使う言葉ではなく、新年度の始まりに適した表現です。

2. 「本年度もよろしくお願いします」を初対面の人に言う – NG理由: 既存の関係を前提とした表現なので、初対面では不適切です。

3. 「本年度もよろしくお願いします」を個人的なメールで使う – NG理由: ビジネスの文脈に特化したフレーズなので、個人的なやり取りにはふさわしくありません。

4. 「本年度もよろしくお願いします」を過去形で使う – NG理由: 過去形は過去の出来事を示すため、前向きな新年度の意向を示す際には不適切です。

5. 「本年度もよろしくお願いします」を辞職の挨拶で使う – NG理由: 辞職は終わりを意味するため、新年度の協力を求めるこのフレーズは矛盾します。

6. 「本年度もよろしくお願いします」を強い命令形で使う – NG理由: 敬意を表す表現なので、命令形では相手に失礼にあたります。

7. 「本年度もよろしくお願いします」をプライベートなイベントで使う – NG理由: ビジネス特有の表現であり、私的な場では適さないです。

8. 「本年度もよろしくお願いします」を謝罪の文脈で使う – NG理由: 謝罪とは異なる意図のフレーズなので、文脈が不一致です。

9. 「本年度もよろしくお願いします」を契約更新がない場合に使う – NG理由: 契約が更新されない場合、新年度の協力を期待することは不適切です。

10. 「本年度もよろしくお願いします」を競合他社に使う – NG理由: 競合関係にある企業に対しては、このような協力を求める表現は通常使用しません。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

1. 新年度のスタートに際して、改めて「本年度もよろしくお願いします」。

2. プロジェクトチーム全員に向けて、「今年も一丸となって頑張りましょう。本年度もよろしくお願いします」。

3. 取引先にメールを送る際、「新年度が始まりましたので、本年度も変わらぬご支援をお願い申し上げます」。

4. 部署会議での挨拶、「新しい年度も皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。本年度もよろしくお願いします」。

5. 新しいチームメンバーに対して、「これから一緒に仕事をすることになります。本年度もよろしくお願いします」。

6. 上司から部下へのメッセージ、「新年度の目標に向けて、共に努力しましょう。本年度もよろしくお願いします」。

7. 同僚との会話で、「今年も一緒に頑張っていきましょうね。本年度もよろしくお願いします」。

8. 電話での取引先とのやり取り、「お忙しい中、お電話ありがとうございます。本年度もどうぞよろしくお願いいたします」。

9. 新年度の目標を共有する際、「目標達成に向けて、皆さんの協力が不可欠です。本年度もよろしくお願いします」。

10. 社内のネットワークを通じて、「新年度も皆様と共に成長していけることを願っています。本年度もよろしくお願いします」。

11. セミナーの開催案内で、「今年も有意義な情報交換の場を提供できるよう努めます。本年度もよろしくお願いします」。

12. 新商品の発表会で、「本年度も革新的な製品をお届けします。引き続きのご支援をお願いします」。

13. 社内報にて、「新年度も社員一人ひとりの活躍を期待しています。本年度もよろしくお願いします」。

14. 社外向けのプレスリリースで、「本年度も当社の取り組みにご注目いただければ幸いです。よろしくお願いします」。

15. 新入社員への歓迎の言葉で、「皆さんの新たなスタートを全力でサポートします。本年度もよろしくお願いします」。

16. 社内の勉強会で、「今年も知識の共有を通じて、お互いに成長していきましょう。本年度もよろしくお願いします」。

17. チームビルディングのイベントで、「新しい年度もチームワークを大切にしましょう。本年度もよろしくお願いします」。

18. 年度初めの全社員向けのメッセージで、「一人ひとりの努力が会社を支えます。本年度もよろしくお願いします」。

19. 経営層からの年度計画発表で、「皆さんの協力が企業成長の鍵です。本年度もよろしくお願いします」。

20. 社内のイノベーション委員会で、「新しいアイデアを積極的に取り入れていきましょう。本年度もよろしくお願いします」。

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。

上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

ビジネス手紙の文章例

拝啓 春の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

早速ではございますが、新年度を迎え、心新たに業務に取り組む所存でございます。昨年度は格別のご指導を賜り、誠にありがとうございました。本年度も引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

昨年度は多くのプロジェクトを共に遂行し、数々の成果を挙げることができました。これもひとえに、上司である貴殿の的確なご判断と温かいご支援の賜物と深く感謝しております。

本年度も、貴殿のご期待に沿うよう、一層の努力を重ねて参る所存です。何卒、昨年同様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

どうぞ健やかにお過ごしになられますよう、心よりお祈り申し上げます。

敬具

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。

取引先への送付を例に作成しています。

拝啓 春の候、貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

早速ですが、新年度を迎え、改めて弊社の製品をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。昨年度は格別のご高配を賜り、心より感謝申し上げます。

本年度も引き続き、貴社との関係を大切にし、より一層のサービス向上に努めて参りますので、「本年度もよろしくお願いします」。

今後とも変わらぬご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

追伸:「本年度もよろしくお願いします」の活用

ご覧頂きいかがでしたでしょうか。本日は「本年度もよろしくお願いします」というフレーズについて、おすすめ文章例やNG例をご紹介しました。メール、手紙の文章例もありますので、あわせて参考にして頂けましたら幸いです。

この文章を覚えておくことで、ビジネスシーンにおける円滑なコミュニケーションが期待できます。新年度の挨拶として、相手に対する敬意と今後の協力への期待を示すことができるのです。また、このフレーズを使うことで、相手との信頼関係をより一層深めることが可能になります。さらに、適切な言葉遣いは、あなたのプロフェッショナルなイメージを高める助けにもなります。

是非ともご活用くださいね。それではまた。



【スポンサードリンク】

【姉妹サイト】

ビジネス敬語を学ぶ
https://topsales.link/

英会話
https://eigo.topsales.link

ドイツ語会話
http://german.topsales.link

韓国語会話
http://korean.topsales.link

中国語会話
http://chinese.topsales.link

フランス語会話
http://french.topsales.link

スペイン語会話
http://spanish.topsales.link


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します