「並びに及び」のお勧め文例20選とNG文章例




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



本日は「並びに及び」について解説します。ビジネスシーンでよく使われるこの表現ですが、使い方に迷うことも多いですよね。この記事では、「並びに」と「及び」の違いや使い方、さらに類語や言い換えについても詳しく説明します。適切な表現を使うことで、あなたのビジネス文書がより明確でプロフェッショナルに見えるようになります。ぜひ参考にして頂ければ幸いです。それではご覧ください。

「並びに及び」とは?

「並びに及び」とは、二つの同じような意味の言葉を重ねて使用した表現です。具体的には、「並びに」も「及び」も、同じような意味を持つ言葉です。どちらも複数の項目を列挙する際に使われますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

ビジネスマンとしての体験談

私が初めて「並びに」と「及び」の使い分けに気をつけるようになったのは、ある重要な会議の案内メールを作成していたときのことです。上司から「このメールは重要だから、言葉の使い方に気をつけて」と言われました。その時、私は「並びに」と「及び」の違いを意識するようになりました。

例えば、以下のようなポイントに注意しました。

  • 「並びに」は同等の項目を列挙する際に使う
  • 「及び」は異なるレベルの項目を含める際に使う
  • 文脈に応じて使い分けることで、文章がより明確になる

この経験を通じて、私は「並びに」と「及び」を適切に使うことの重要性を学びました。特にビジネスシーンでは、言葉の選び方一つで相手に与える印象が大きく変わることを実感しました。

具体的な使い方の例

「並びに」は、主に同等の項目を列挙する際に使われます。例えば、「会議には、部長並びに課長が出席します」というように、同じレベルの人や物を並べるときに使います。この場合、部長と課長は同等の立場にあるため、「並びに」を使うのが適切です。

一方、「及び」は、より広範な項目を列挙する際に使われます。例えば、「会議には、部長及び他のスタッフが出席します」というように、異なるレベルの人や物を含めるときに使います。この場合、部長と他のスタッフは異なる立場にあるため、「及び」を使うのが適切です。

このように、適切な表現を使うことで、ビジネス文書がよりプロフェッショナルに見えますね。





類語や言い換え

「並びに」や「及び」の類語や言い換えとしては、「そして」や「および」があります。「そして」は、よりカジュアルな場面で使われることが多いです。例えば、「彼は英語が得意で、そしてフランス語も話せます」というように使います。

「そして」の使い方と注意点

「そして」は、日常会話やカジュアルな文章でよく使われる接続詞です。複数の項目や出来事を順序立てて述べる際に便利です。例えば、「彼は英語が得意で、そしてフランス語も話せます」というように、二つの能力を並べて強調する際に使います。

ただし、ビジネス文書やフォーマルな場面では、「そして」を使うと少し軽い印象を与えることがあります。そのため、ビジネスシーンでは「並びに」や「及び」を使う方が適切です。

具体的な使い方の例としては、以下のようになります。

・「彼はプロジェクトマネジメントに精通しており、そしてチームリーダーとしても優れています。」

・「この製品は高性能で、そして価格も手頃です。」

このように、「そして」を使うことで、文章がより親しみやすくなりますね。

「および」の使い方と注意点

「および」は、「及び」とほぼ同じ意味で使われますが、よりフォーマルな場面で使われることが多いです。特に、公式な文書や報告書などで使うと、文章がより丁寧で信頼性が高まります。

例えば、「このプロジェクトには、営業部および開発部が関与しています」というように、複数の部門や関係者を列挙する際に使います。この場合、「および」を使うことで、文章がより正式な印象を与えます。

具体的な使い方の例としては、以下のようになります。

・「この契約書には、クライアントおよびサプライヤーの署名が必要です。」

・「会議には、部長および課長が出席します。」

このように、「および」を使うことで、文章がよりフォーマルで信頼性のあるものになりますね。

ビジネスでの使い方

ビジネスシーンでは、「並びに」や「及び」を適切に使うことで、文章がより明確で丁寧になります。例えば、会議の案内や報告書などで使うと効果的です。

「並びに」を使う場合は、同等の項目を列挙する際に使います。例えば、「本日の議題は、売上報告並びに新製品の紹介です」というように使います。

「及び」を使う場合は、異なるレベルの項目を含める際に使います。例えば、「本日の議題は、売上報告及び新製品の紹介です」というように使います。

このように、適切な表現を使うことで、ビジネス文書がよりプロフェッショナルに見えますね。

具体的な使用例

具体的な使用例を挙げると、以下のような場面で「並びに」や「及び」を使うことができます。

例えば、プロジェクトの進捗報告書を書く際に、「このプロジェクトには、営業部並びに開発部が関与しています」と記載すると、両部門が同等の役割を果たしていることが明確になります。

また、会議の議事録を作成する際に、「会議には、部長及び他のスタッフが出席しました」と記載すると、部長が主要な出席者であり、他のスタッフも含まれていることが伝わります。

このように、適切な表現を使うことで、文章がより具体的で分かりやすくなります。

注意点とコツ

「並びに」や「及び」を使う際の注意点とコツについても触れておきましょう。

まず、使いすぎないことが大切です。過度に使うと、文章が冗長になり、読み手にとって分かりにくくなります。適度に使うことで、文章が引き締まります。

次に、文脈に応じて使い分けることが重要です。同等の項目を列挙する際には「並びに」を、異なるレベルの項目を含める際には「及び」を使うことで、文章がより明確になります。

例えば、プロジェクトの説明文で「このプロジェクトには、営業部並びに開発部が関与しています」と記載する場合、両部門が同等の役割を果たしていることが伝わります。一方、「このプロジェクトには、営業部及び他の部門が関与しています」と記載する場合、営業部が主要な役割を果たしていることが伝わります。

このように、適切な表現を使うことで、ビジネス文書がよりプロフェッショナルに見えますね。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。

文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

1. 「会議には、部長並びに他のスタッフが出席します。」

NGの理由:異なるレベルの項目を列挙する際には「及び」を使うべきです。

2. 「本日の議題は、売上報告及び新製品の紹介並びに市場分析です。」

NGの理由:同等の項目を列挙する際には「並びに」を使うべきです。

3. 「このプロジェクトには、営業部及び開発部並びにマーケティング部が関与しています。」

NGの理由:同等の項目を列挙する際には「並びに」を使うべきです。

4. 「彼は英語が得意で、及びフランス語も話せます。」

NGの理由:「及び」はフォーマルな場面で使うべきで、ここでは「そして」が適切です。

5. 「会議には、部長及び課長並びに他のスタッフが出席します。」

NGの理由:異なるレベルの項目を列挙する際には「及び」を使うべきです。

6. 「本日の議題は、売上報告並びに新製品の紹介及び市場分析です。」

NGの理由:同等の項目を列挙する際には「並びに」を使うべきです。

7. 「このプロジェクトには、営業部並びに開発部及びマーケティング部が関与しています。」

NGの理由:同等の項目を列挙する際には「並びに」を使うべきです。

8. 「彼は英語が得意で、並びにフランス語も話せます。」

NGの理由:「並びに」はフォーマルな場面で使うべきで、ここでは「そして」が適切です。

9. 「会議には、部長及び課長並びに他のスタッフが出席します。」

NGの理由:異なるレベルの項目を列挙する際には「及び」を使うべきです。

10. 「本日の議題は、売上報告及び新製品の紹介並びに市場分析です。」

NGの理由:同等の項目を列挙する際には「並びに」を使うべきです。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

– 「本日の会議には、部長並びに課長が出席します。」
– 「このプロジェクトには、営業部及び開発部が関与しています。」
– 「次回のミーティングには、マーケティングチーム並びにデザインチームが参加します。」
– 「新製品の発表会には、取締役及び主要な取引先が招待されています。」
– 「報告書には、売上データ並びに市場分析が含まれています。」
– 「来週の研修には、新入社員及び中堅社員が参加します。」
– 「この契約には、法務部並びに財務部の承認が必要です。」
– 「次のプロジェクトには、技術部及び品質管理部が協力します。」
– 「会議の議題には、業績報告並びに新規事業の提案が含まれています。」
– 「このイベントには、顧客及びパートナー企業が招待されています。」
– 「プレゼンテーションには、営業部並びにマーケティング部が参加します。」
– 「この報告書には、財務データ及びリスク分析が含まれています。」
– 「次回の会議には、プロジェクトマネージャー並びにチームリーダーが出席します。」
– 「このプロジェクトには、IT部及び人事部が関与しています。」
– 「新しいシステムの導入には、技術部並びに運用部が協力します。」
– 「この提案には、経営陣及び主要なステークホルダーの承認が必要です。」
– 「次の会議には、営業部並びにカスタマーサポート部が参加します。」
– 「このプロジェクトには、研究開発部及び製造部が関与しています。」
– 「次回のミーティングには、プロジェクトリーダー並びにサブリーダーが出席します。」
– 「この報告書には、売上データ及び顧客満足度調査が含まれています。」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。

上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

ビジネスにおける手紙の文章例

拝啓

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、来週の会議に関しまして、以下の通りご案内申し上げます。

会議日時:〇月〇日(〇曜日)〇時~〇時

会議場所:〇〇会議室

議題:売上報告並びに新製品の紹介

会議には、部長及び他のスタッフが出席予定です。

何卒ご出席のほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

〇〇〇〇

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。

取引先への送付を例に作成しています。

取引先へのメール文例

件名:次回会議のご案内

株式会社〇〇

営業部 〇〇様

いつもお世話になっております。

株式会社△△の□□です。

次回の会議についてご案内申し上げます。

会議には、弊社の部長並びに課長が出席いたします。

また、議題としては、売上報告及び新製品の紹介を予定しております。

詳細は以下の通りです。

日時:〇月〇日(〇)〇時~〇時

場所:弊社会議室

何かご不明点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

株式会社△△

□□

追伸

ご覧頂きいかがでしたでしょうか。本日は「並びに及び」について、おすすめ文章例やNG例をご紹介しました。メール、手紙の文章例もありますので、あわせて参考にして頂けましたら幸いです。

この文章を覚えておくことで、メリットも多いです。

まず、ビジネス文書がより明確で丁寧になります。適切な表現を使うことで、相手に対する敬意を示すことができますね。

次に、文章のプロフェッショナルさが向上します。特に重要な会議や報告書などで、適切な言葉を選ぶことで、信頼性が高まります。

さらに、コミュニケーションが円滑になります。適切な言葉を使うことで、誤解を避け、スムーズなやり取りが可能になります。

是非ともご活用くださいね。それではまた。



【スポンサードリンク】

【姉妹サイト】

ビジネス敬語を学ぶ
https://topsales.link/

英会話
https://eigo.topsales.link

ドイツ語会話
http://german.topsales.link

韓国語会話
http://korean.topsales.link

中国語会話
http://chinese.topsales.link

フランス語会話
http://french.topsales.link

スペイン語会話
http://spanish.topsales.link


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します