「ご清栄」は意味を正しく理解して使う

【スポンサードリンク】

「ご清栄のこととお喜び申し上げます」
ビジネスレターでよく見かける挨拶文です。

この「ご清栄」とはどんな意味なのでしょうか?
似た言葉に「ご清祥」というのもあります。

なんとなく意味は掴めるのですが
しっかりと理解して使えている方は
少ないように思います。

また、手紙や挨拶の冒頭などには
良く使われる言葉ではありますが
他に使い道はあるのでしょうか?

今回は「ご清栄」の意味や例文を紹介しながら
正しい使い方を考えてみたいと思います。
また、類義語なども同時にみていきましょう。

「ご清栄」の意味

「ご清栄」読み方は「ごせいえい」です。
手紙等で相手の健康と繁栄を
喜ぶ挨拶の言葉として使われます。

読んで字のごとく「清」清く「栄」栄える。
清く栄えることを意味しており
頭に「ご」がついた敬語表現です。

「御社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます」
のようにビジネス文書の挨拶フレーズとして
用いられるのが一般的です。

「ご清栄」はどんな場面でどう使えば良いか

「ご清栄」は手紙やメール、
またはかしこまった場面で
使われるのがほとんどです。

手紙を書くときに、
いきなり要件から書き始めませんよね。

最初は頭語と呼ばれる「拝啓」を書きます。
次に「新春の候」とか時候の挨拶。

そしてそのあとに、相手の繁栄・活躍
健康・幸せを喜ぶ慶賀の挨拶をいれます。
その慶賀の挨拶のひとつが「ご清栄」です。

「〇〇様におかれましてはよりいっそう
ご清栄のこととお喜び申し上げます」

相手方の発展や幸せをこちらが
喜んでいることを伝える挨拶になります。

「ご清栄」は、相手の健康や繁栄を喜ぶという
意味合いになるため、個人だけでなく組織に
対しても使える言葉です。

団体に対しては、企業であれば「貴社」、
学校であれば「貴校」、病院であれば「貴院」
などと丁寧な言葉を使うようにしましょう。

注意して欲しいのが相手方が
喪中であったりお悔やみ事などがあった場合です。

「ご清栄」を使うこと自体は問題ないのですが
「お喜び申し上げます」は避けるべきです。

「益々のご清栄衷心よりお祈り申し上げます」
などと表現を変えてください。

「ご清栄」の主な言い回し・例文

口語ではあまり使われない
「ご清栄」ですが
主な例文をあげておきましょう。

・拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
・拝啓 時下ますますご清栄のことと存じます。
 毎々格別のお引き立てを賜り深謝申し上げます。
・拝啓 早春の候 貴社ますますご清栄の御事と
 お喜び申し上げます。
 平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。
・拝啓 厳冬の候 皆様方におかれましては、ますます
 ご清栄のこととお慶び申し上げます。
・立春の候 貴殿におかれましてはますます
 ご清栄のこととお喜び申し上げます。
・今後とも、御社の益々のご清栄をお祈り申し上げます。

最初の5つはビジネス文書や個人への手紙で
使われる冒頭の挨拶文で使われます。

「時下~」や「早秋の候」など時候の挨拶の次に、
「ご清栄」という言葉を使います。

また、最後の例文「ご清栄をお祈り申し上げます」
は、手紙を締めくくる結びの挨拶で使われる一文です。

手紙の最後に相手への思いやりの気持ちを添える
役割からも、相手を気遣う「ご清栄」という
言葉が用いられます。

「ご清栄」と「ご清祥」の違いとは?

次に「ご清栄」とともによく使われる
「ご清祥」との違いを説明します

「ご清祥」よみかたは「ごせいしょう」です。
「ご清祥」は相手が無事に健康に暮らすことを
喜ぶ挨拶の言葉です。

「祥」には喜ばしいこと、めでたいこと、
このような意味があります。

「ご清栄」とよく似た言葉ですが
「ご清栄」には繁栄を喜ぶ意味がありますが
「ご清祥」には含まれません。

それと「ご清祥」は、
相手の健康を喜ぶ点にポイントが
あると言われています。

ですから、
「ご清祥」は企業よりも個人にあてた
挨拶文で使われることが多い言葉です。

「〇〇様にはご清祥のこととお喜び申し上げます」
というように「ご清栄」と同じ使い方をします。

個人に使うことが多いと書きましたが
ビジネスシーン・企業相手に使っては
いけないということはありません。

会社あての手紙の場合は「貴社」を外せば
自然な文章になります。
また、企業内の人物にあてた挨拶もOKです。

「ご清栄」とほぼ同じ意味ですが
「ご清祥」の方が使える幅がやや狭い
と思って下さい。

例文をあげておきましょう。

・「拝啓 早春の候、皆様方にはますます
 ご清祥のこととお慶び申し上げます」
・「拝啓 時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます」

「ご清栄」の類義語

「ご清栄」は、ビジネス文書の挨拶や結びの
言葉として使われますが、類義語を知って
おくと何かと便利です。

「ご清栄」の類義語としては
微妙に意味合いは違うのですが

・ご健勝
・ご盛栄
・ご繁栄
・ご隆昌

などがあります。
例文をあげておきましょう。

・「ご健勝をお祈りしております」
・「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」
・「〇〇大会でのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」

・「拝啓 貴社益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます」
・「益々のご繁栄の段、なによりでございます」
・「御社のご隆昌を心よりお祈り申し上げます」

「ご清栄」をビジネスシーンで上手に使うために

普段、ビジネス文書や手紙の中で、
定型文として何気なく使っている「ご清栄」。

本来の意味と使い方、「ご清祥」との違い、
理解できましたでしょうか?

ビジネスシーンにおいては、
ビジネス文章の挨拶文は非常に大切です。
挨拶文で印象が変わるといっても過言ではありません。

ですから、意味を理解し、相手によって
言葉を使い分けることが必要です。

決して難しくはありません。

基本的な文章を覚えてしまい、
送る相手の状況を思い浮かべながら、
状況に合った言葉を選ぶというパターンを
作ってしまうとスムーズに書けるようになります。

「ご清栄」は企業にも個人にも使えることから
ビジネス文書では頻繁に登場します。

手紙の冒頭には、
相手の現況を讃える言葉を置くのが基本です。

今まで深く考えず使っていた人も多いと思いますが、
それぞれに違った意味があり、相手や相手の状況に
合わせて使い分けられるようになりたいものです。

ビジネス用語をきちんと使い分けることは
個人の評価に大きくつながります。

形式的にワンパターンで使うのではなく
送付する先方に合わせて「ご清祥」
「ご繁栄」「ご隆昌」など
使い分けをしてみましょう。

相手のことをどれだけ理解し考えているか。
ここが大きなポイントです。

ここはビジネス敬語という枠を超えて
営業マンとしても最も必要な能力でもあり
大切な資質ではないでしょうか。

「ご清栄」という言葉は、
企業宛の文書やメールなどの挨拶として使われますが
単に定型句でなく心を込めて使ううべき言葉です。

そして、相手の健康や繁栄を喜ぶ言葉ですから
やはり心から相手の幸せを願える
私達でありたいものです。




【スポンサードリンク】