「理解できます」のNG例とお勧め文例20選




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



ビジネス敬語「理解できます」の使い方と類語解説

ビジネスシーンでのコミュニケーションは、相手との信頼関係を築く上で非常に重要です。その中で、「理解できます」というフレーズは、相手の話をしっかりと受け止め、理解したことを伝えるために役立ちます。この言葉を覚えておくといいおすすめ度は、100点満点中80点です。なぜなら、相手に対する敬意と理解を示すことで、円滑なコミュニケーションを促進し、ビジネスの成功に直結するからです。しかし、状況に応じた適切な使い方を理解することも必要なため、完璧なスコアではありませんね。

「理解できます」とは何か

ビジネスマンとしての体験談

私の経験上、「理解できます」という言葉は、ビジネスの現場で非常に重要な役割を果たします。ある時、私は新しいプロジェクトの提案を受けた際に、このフレーズを使いました。プレゼンテーションが終わった後、私は「理解できました」と相手に伝えることで、提案された内容をしっかりと把握し、それに基づいて次のステップに進む準備ができていることを示すことができました。この一言が、相手に安心感を与え、プロジェクトがスムーズに進むきっかけとなったのです。また、この表現を使うことで、相手の努力を認め、その上で建設的なフィードバックを行う土台を築くことができるのですね。

コミュニケーションにおける重要性

さらに、「理解できます」という言葉は、相手との信頼関係を築く上でも大切です。私がチームリーダーとして部下の意見を聞く際にも、このフレーズを意識して使うようにしています。部下からの報告を受けた後、「理解できます」と伝えることで、彼らの意見がしっかりと受け止められていると感じてもらえます。これにより、部下は安心して自分の考えをオープンにし、チーム全体のコミュニケーションが活性化します。結果として、プロジェクトはより効率的に、かつ円滑に進行することが多いのです。このように、「理解できます」という単純なフレーズが、ビジネスの現場での人間関係やプロジェクトの成功に大きく寄与することは、私の経験が証明していますね。





類語や言い換え表現

ビジネスシーンでは、相手に理解したことを伝える際に、さまざまな言葉が使われます。これらの類語や言い換え表現を使い分けることで、より適切なコミュニケーションが可能になりますね。以下に、いくつかの表現を挙げてみましょう。

・把握しています
 この表現は、相手の情報をしっかりと理解し、自分の知識として取り込んだことを示します。特に、具体的なデータや事実を正確に理解したことを強調したい場合に適しています。

・了解しました
 「了解しました」は、相手の指示や要望を受け入れ、それに従う意思があることを伝える際に用いられます。命令形の指示に対する返答としてよく使われる言葉です。

・承知しました
 こちらも「了解しました」と同様に、相手の要望や指示に対して、それを受け入れる意思を示す表現です。ただし、「承知しました」は、少しフォーマルな印象を与えるため、上司や取引先など、敬意を表す必要がある場面で使われることが多いですね。

これらの言葉は、状況に応じて使い分けることが大切です。例えば、プロジェクトの進捗状況を報告する際には「把握しています」を使い、上司からの具体的な指示に対しては「了解しました」や「承知しました」を使うと良いでしょう。これにより、相手に対する敬意や、自分の対応の準備ができていることを適切に伝えることができます。

また、これらの表現は、相手に対する信頼関係を築く上でも重要な役割を果たします。相手が自分の理解度や対応を確認したいときに、適切な言葉を選ぶことで、スムーズなコミュニケーションが行えるのです。ビジネスマンとして、これらの言葉のニュアンスを理解し、適切に使い分けることが求められますね。

ビジネスでの使い方

会議やプレゼンテーションでの応用

ビジネスシーンでは、会議やプレゼンテーションが日常的に行われます。ここで「理解できます」という言葉を適切に使うことは、円滑なコミュニケーションを築く上で非常に重要です。たとえば、あなたがプロジェクトの進捗報告を受けた際、単に「はい」と返答するのではなく、「理解できました。それでは、次のステップについてもう少し詳しく教えていただけますか?」と返すことで、相手に対して内容をしっかりと理解した上で、さらなる情報を求めていることを伝えることができます。このように、相手の話を理解したことを明確に示すことで、信頼関係を築きやすくなりますね。

メールや書面での表現

また、メールや書面でのコミュニケーションにおいても、「理解できます」という言葉は有効です。例えば、上司からの指示に対してメールで返信する際、「ご指示の内容、理解できました。早速、対応いたします」と書くことで、指示を受けたことを確認し、それに対する行動を起こす意志があることを伝えることができます。このように、相手からの情報を正しく理解し、それに基づいて行動を起こす意思を示すことは、ビジネスにおける信頼性を高めるために非常に効果的です。敬語を交えることで、より丁寧な印象を与えることができるので、相手に対する敬意も忘れずに表現しましょう。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

ビジネスシーンにおける「理解できます」のNG例

1. 「理解できますか?」と質問する

上司や先輩に対して「理解できますか?」と質問するのは、相手の理解力を疑うような印象を与えかねません。代わりに「ご説明は十分でしたか?」と尋ねる方が丁寧です。

2. 「理解できたかもしれません」と曖昧に答える

「理解できたかもしれません」という表現は、自信がないことを示してしまい、ビジネスでは不適切です。はっきりと「理解できました」と答えるべきです。

3. 「理解できますよね?」と強要する

「理解できますよね?」という言い方は、相手にプレッシャーをかけることになり、失礼にあたります。相手の理解を確認する際は、「理解できましたか?」と尋ねるのが適切です。

4. 「理解できますって!」と強い口調で言う

強い口調で「理解できますって!」と言うのは、攻撃的に聞こえる可能性があります。落ち着いて「理解できました」と伝えることが大切です。

5. 「理解できますが、どうでもいいです」と無関心を示す

「理解できますが、どうでもいいです」という表現は、相手の話を軽視しているように受け取られます。関心を持っていることを示すためにも、「理解できました。ありがとうございます」と答えるべきです。

6. 「理解できますけど、それが何か?」と挑戦的に言う

「理解できますけど、それが何か?」という言い方は挑戦的であり、相手に対する敬意が感じられません。丁寧に「理解できました。それについてさらに詳しく教えていただけますか?」と尋ねるべきです。

7. 「理解できますし、それくらい私にもできます」と自慢する

「理解できますし、それくらい私にもできます」と自慢するような言い方は、傲慢に映ります。謙虚に「理解できました。ご指導いただければ幸いです」と伝えることが望ましいです。

8. 「理解できますから、説明はもういいです」と遮る

「理解できますから、説明はもういいです」と遮るのは、相手の努力を無視する行為です。最後まで話を聞き、「理解できました。詳しい説明をありがとうございます」と感謝を示すべきです。

9. 「理解できます?だって簡単でしょ?」と軽視する

「理解できます?だって簡単でしょ?」と言うのは、相手の能力を軽視するような言い方です。相手の立場を尊重し、「ご理解いただけましたか?もし不明点があればお答えします」と伝えることが重要です。

10. 「理解できます。でも、それは間違っています」と否定する

「理解できます。でも、それは間違っています」と即座に否定するのは、相手の意見を尊重していないように見えます。異なる見解がある場合は、「理解できました。ただ、私の見解では…」と前置きしてから意見を述べるのが適切です。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

上司と部下の会話での使用例

「プロジェクトの進捗状況を理解できました。次のステップに進みましょう。」

「ご指摘の点、理解できました。早急に修正を行います。」

「新しい方針については理解できました。チームにも共有します。」

「報告書の内容、理解できました。引き続き詳細を詰めて参ります。」

「研修内容について理解できました。実務に活かしていきます。」

同僚間の会話での使用例

「昨日の会議の件、理解できました。一緒に取り組んでいきましょう。」

「そのアプローチ方法、理解できました。私もサポートします。」

「システムの変更点、理解できました。操作に注意します。」

「予算の配分について理解できました。計画に沿って進めます。」

「タスクの優先順位、理解できました。効率よく進めていきますね。」

取引先との会話での使用例

「ご提案いただいた条件、理解できました。社内で検討後、ご返答します。」

「納期の変更要望、理解できました。調整してみます。」

「サービスの特徴、理解できました。導入を前向きに検討します。」

「契約の詳細、理解できました。正式な契約書をお待ちしています。」

「お見積もりの内訳、理解できました。予算内で収まるようにしてください。」

電話のやり取りでの使用例

「お電話でのご説明、理解できました。メールで資料を送っていただけますか?」

「トラブルの状況、理解できました。すぐに対応チームに連絡します。」

「次回の打ち合わせ日程、理解できました。カレンダーに入れておきます。」

「ご注文の商品仕様、理解できました。確認の上、手配を進めます。」

「保守サポートの内容、理解できました。必要な手続きを教えてください。」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。 上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

先日はプロジェクトの詳細な説明をいただき、ありがとうございました。ご説明いただいた内容については、十分に理解できました。今後の進行に関して、いただいた情報を基に、チーム一丸となって取り組んでまいります。

また、いくつかの点でご相談させていただきたい事項がございますので、来週の月曜日にでもお時間をいただけますと幸いです。その際には、さらに具体的な計画についてもご報告させていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。 取引先への送付を例に作成しています。

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

先日は貴社の新サービスに関する詳細なご説明をいただき、誠にありがとうございました。

ご説明いただいた内容につきましては、全て理解できました。今後の展開について、私どもとしても大いに期待しております。

何かご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

敬具

まとめとして

ご覧いただき、いかがでしたでしょうか。それでは最後にまとめます。ビジネスシーンにおいて「理解できます」という言葉は、相手の提案や説明をしっかりと受け止め、内容を把握していることを伝えるために非常に有効です。このフレーズは、単なる情報の受け取りを超え、相手に対する敬意と信頼を築くための基盤となります。また、類語や言い換え表現を使い分けることで、より状況に応じた適切なコミュニケーションが可能になります。敬語を交えた表現は、相手への尊重を示すと同時に、自身のプロフェッショナリズムをアピールする機会にもなります。今後も、これらの表現を活用して、円滑なビジネスコミュニケーションを心がけていただければと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。



【スポンサードリンク】


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します