「了解いただく」のNG例とお勧め文例20選

目次




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



ビジネスマン必見!「了解いただく」の正しい使い方

ビジネスマンとして、日々のコミュニケーションは極めて重要です。特に「了解いただく」というフレーズは、相手に自分の意図を正確に伝え、その上で同意を得るために不可欠です。この言葉を覚えておくといいおすすめ度は、100点満点中80点です。なぜなら、ビジネスシーンにおいては、相手に対する敬意を表しながら、効果的な意思疎通を図るために、このような表現が求められるからです。さて、この言葉の使い方や類語について、分かりやすく解説していきましょう。

「了解いただく」とは

ビジネスマンとしての経験から

私がビジネスマンとして歩み始めた頃、先輩から「了解をいただくことの重要性」について教わったのを覚えています。あるプロジェクトで、私は提案書を作成し、それを上司に提示しました。その際、ただ単に内容を伝えるだけではなく、上司がその提案の意図や背景をしっかりと理解し、同意してくれることが必要だと感じたのです。そこで、「この提案について、ご理解いただき、ご賛同いただけますでしょうか」と丁寧に伝えたところ、上司は細部にわたって質問をしてきました。このやり取りを通じて、相手に深く理解してもらい、納得してもらうことの大切さを学びました。

相手の立場を尊重する姿勢

「了解いただく」という表現は、相手の立場を尊重し、その意見や感情を大切にする姿勢を示すためにも役立ちます。例えば、顧客との商談で新しい提案をする際、私は「このプランについて、詳細をご説明させていただき、ご了解いただければと思います」と前置きします。これにより、顧客は自分の意見が尊重されていると感じ、よりオープンに対話に参加してくれるのです。また、相手が納得していない場合は、さらに説明を加えたり、疑問点を解消したりすることで、信頼関係を築くことができます。このように、相手に「了解をいただく」ことは、単なる情報の伝達以上の価値を持つのですね。

類語や言い換え

ビジネスコミュニケーションにおいて、相手に理解と同意を求める際には、さまざまな表現が使われます。「了解いただく」というフレーズもその一つですが、状況やニュアンスに応じて、他の言葉を選ぶことが大切です。ここでは、「了解いただく」の類語や言い換えをいくつかご紹介します。





類語の紹介

・ご承知おきいただく
 この表現は、相手に情報を伝え、その内容を認識してもらい、了承してもらう際に用います。特に、決定事項や指示事項を伝える際に適していますね。

・ご理解いただく
 こちらは、相手に情報の内容を深く理解してもらいたい時に使う言葉です。相手に対して、より丁寧な姿勢を示すことができます。

・ご認識いただく
 「ご認識いただく」は、相手に特定の事実や状況を認識してもらうために使われます。情報の正確性を重視する場合に適している表現です。

言い換えのポイント

これらの言葉を選ぶ際には、相手との関係性や伝えたい内容の性質を考慮することが重要です。例えば、上司や取引先の重要な決定に対しては「ご承知おきいただく」を、新しいプロジェクトの詳細を説明する際には「ご理解いただく」を、そして、重要な変更点を伝える際には「ご認識いただく」を選ぶと良いでしょう。これらの表現は、相手に敬意を表しつつ、スムーズなコミュニケーションを図るために有効です。相手が情報を受け入れやすくなるように、適切な言葉を選ぶことが、ビジネスマンとしての配慮と言えますね。

ビジネスでの使用例

上司への進捗報告

ビジネスシーンで「了解いただく」を使う典型的な場面として、上司への進捗報告が挙げられます。例えば、プロジェクトの進行状況を伝える際に、「本プロジェクトの現在の進捗についてご報告申し上げます。今後の計画に関しても、ご理解とご了解をいただけますと幸いです」というように表現することができます。この場合、「了解いただく」は、上司に対して進捗状況を認識してもらい、次のステップへの同意を求める際に用いられます。上司が内容を把握し、承認してくれることで、プロジェクトはスムーズに前進するわけですね。

顧客へのサービス提案

次に、顧客への新しいサービスの提案時にも「了解いただく」は有効です。たとえば、「この度、新たに開発したサービスをご案内させていただきます。特徴やメリットをご理解いただき、ご利用いただけると嬉しいです」と伝えることができます。ここで「了解いただく」を使うことで、顧客に対して敬意を表しつつ、サービスの内容をしっかりと理解してもらい、その上で利用を検討してもらうことを期待していることが伝わります。顧客がサービスの価値を認識し、納得して利用してくれることが、ビジネスの成果に直結するわけです。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

ビジネスシーンにおける「了解いただく」のNG例

1. 「了解いただけませんか?」の強要

「この計画について、了解いただけませんか?」という表現は、相手に対して無理強いをしているように聞こえる可能性があります。ビジネスでは相手の意見や立場を尊重する姿勢が重要です。

2. 「了解いただいたと思います」の早とちり

「昨日のメールで了解いただいたと思いますが…」という表現は、相手が実際に了解しているか確認せずに進めることを示唆しており、誤解を招く可能性があります。確認を怠ることは失礼にあたります。

3. 「了解いただくべきです」の命令形

「この案件については、了解いただくべきです」という表現は命令形であり、相手に対する敬意が感じられません。ビジネスコミュニケーションでは柔軟な対話が求められます。

4. 「了解いただいて当然です」の過剰な前提

「私の説明は明確ですから、了解いただいて当然です」という表現は、相手が理解していることを前提にしており、過剰な自信となり得ます。相手の理解を確認することが大切です。

5. 「了解いただくことができますか?」の不確実性

「このプランについて、了解いただくことができますか?」という表現は、相手に対する不確実性を示しており、自信のなさを感じさせる可能性があります。確信を持って提案することが重要です。

6. 「了解いただいております」の勝手な決定

「先方は既に了解いただいております」と断言する表現は、実際に相手の了解を得ているかどうかを確認せずに決定してしまうことを意味し、誤解やトラブルの原因となります。

7. 「了解いただくことを期待しています」のプレッシャー

「今回の提案について、了解いただくことを期待しています」という表現は、相手に対するプレッシャーを与えることになりかねません。期待を押し付けるのではなく、相手の意見を尊重する姿勢が求められます。

8. 「了解いただくのが当然だと思います」の過剰な自信

「この案件は非常に優れているので、了解いただくのが当然だと思います」という表現は、過剰な自信を示し、相手に対する尊重が欠けています。相手の判断を尊重する態度が大切です。

9. 「了解いただくまで話し続けます」の執拗さ

「私は了解いただくまで話し続けます」という表現は、相手に対する執拗な態度を示しており、ビジネスシーンでは不適切です。相手の意見や時間を尊重することが重要です。

10. 「了解いただくことを命じます」の不適切な権威

「この件については、了解いただくことを命じます」という表現は、不適切な権威を示しており、相手に対する尊重が欠けています。命じるのではなく、合意を形成する姿勢が求められます。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

上司へのプロジェクト報告

「プロジェクトの最新の進捗をご確認いただき、次のステップに進むための了解をいただけますでしょうか?」

部下への指示

「このタスクについて、内容をご理解いただき、期限内に完了していただけることを了解いただけますか?」

同僚との協力依頼

「今週中にこの資料を完成させるため、あなたの協力を了解いただけますか?」

取引先への提案

「新しい取引条件について、ご検討の上、了解いただけると幸いです。」

電話での納期確認

「お電話でのご注文、承りました。納期は来週月曜日でよろしいですね?了解いただけますか?」

メールでの会議日程調整

「来週の会議日程を調整しております。ご提案の日時で了解いただけますでしょうか?」

プレゼンテーション後の質疑応答

「プレゼンテーションの内容について、ご質問はありますか?すべて了解いただけたでしょうか?」

業務改善案の承認依頼

「提案した業務改善案について、ご検討いただき、承認を了解いただけますか?」

チームミーティングでの意見共有

「今日のミーティングで出た意見をまとめております。全員の了解をいただければ、これを基に進めます。」

緊急時の対応確認

「緊急事態が発生しました。対応策をメールで送りましたので、すぐにでも了解いただけますか?」

新システム導入の同意依頼

「来月からの新システム導入に向けて、操作方法の研修を行います。参加の了解をいただけますか?」

休暇申請の承認

「来月の休暇申請をしました。内容をご確認の上、了解いただけますでしょうか?」

経費精算の確認

「今月の経費精算書を提出いたします。内容をご確認いただき、了解をお願いできますか?」

セミナー参加の勧誘

「来週開催されるセミナーに参加しませんか?興味があれば、参加の了解をいただきたいです。」

業務報告書の提出

「今週の業務報告書を提出します。内容に問題がなければ、了解のサインをいただけますか?」

リモートワークの申請

「来週のリモートワークの申請をさせていただきます。ご確認の上、了解いただけますでしょうか?」

新製品のサンプル送付

「新製品のサンプルをお送りしました。到着を確認し、ご感想を了解いただけると助かります。」

出張計画の承認依頼

「来月の出張計画を立てました。計画書をご覧になり、承認の了解をいただけますか?」

社内イベントの参加確認

「来週末の社内イベントに参加されますか?参加の了解をいただけると、準備が進めやすいです。」

クライアントへの報告書送付

「プロジェクトの報告書をメールで送付いたしました。ご一読いただき、了解のご返信をお願いします。」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。 上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度のプロジェクトに関する進捗状況をご報告申し上げます。現在、計画通りに進行しており、次のフェーズへの移行が可能な状況です。詳細な進捗報告書を同封いたしましたので、ご一読いただき、今後の方針について了解いただけますと幸いです。

また、新たに提案したい事項がございます。それにつきましても、添付の資料にてご説明させていただいておりますので、こちらについてもご理解とご承認を賜りたく存じます。

何卒、ご多忙のところ恐縮ではございますが、ご確認の上、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。 取引先への送付を例に作成しています。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、先日ご提案させていただいた新サービスに関する資料ですが、内容をご確認いただき、導入に向けたご意向を了解いただけますと幸いです。

ご多忙のところ恐縮ですが、ご検討の上、ご回答いただけますようお願い申し上げます。

敬具

追伸:「了解いただく」の重要性

ご覧いただき、いかがでしたでしょうか。それでは最後にまとめます。ビジネスにおいて「了解いただく」という表現は、相手との円滑なコミュニケーションを築く上で非常に重要です。相手に対する敬意を示しつつ、自分の意図を明確に伝えることで、誤解を避け、効率的な業務進行を図ることができます。また、相手からの了解を得ることで、信頼関係の構築にも繋がります。日々の業務の中で、この表現を適切に使いこなすことが、ビジネスマンとしてのスキルアップにも寄与するでしょう。今後も、相手に対する配慮を忘れずに、明確かつ丁寧なコミュニケーションを心がけていきたいものです。



【スポンサードリンク】


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します