「落掌いたしました」のNG例とお勧め文例20選

目次




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



ビジネス敬語「落掌いたしました」の正しい使い方

ビジネスマンとして、日々のコミュニケーションは成功の鍵です。特に、成果を伝える際の言葉選びは、相手に与える印象を大きく左右します。「落掌いたしました」という表現は、そんなシーンで役立つ言葉の一つです。この言葉を覚えておくといいおすすめ度は、100点満点中70点。なぜなら、ビジネスの場では敬語を駆使して相手に敬意を表すことが求められるためです。しかし、使う場面を選ぶ必要があるため、万能とは言えませんね。

「落掌いたしました」とは?

ビジネスマンの経験から

私の経験上、「落掌いたしました」という言葉は、ビジネスの場で大変重要な意味を持ちます。ある時、私は長期にわたる交渉の末、大きなプロジェクトを手に入れることができました。その際、取引先に対して「落掌いたしました」と報告したことがあります。この表現を使ったのは、単に契約を獲得したという事実を伝えるだけでなく、長い交渉を経てようやく成果を手にしたという達成感と、相手への敬意を表現するためでした。実際、相手からはこの言葉を使ったことで、私たちの努力を高く評価していただき、信頼関係がより一層深まったと感じました。

言葉の選び方の重要性

ビジネスにおいては、言葉一つで相手に与える印象が大きく変わることがあります。特に「落掌いたしました」という表現は、相手に対する敬意と共に、自分たちの成果を控えめに伝えるニュアンスが含まれています。この言葉を選ぶことで、相手に対して謙虚さを示しつつ、自分たちの努力と成果を適切に伝えることができるのです。ただし、相手がこの言葉に馴染みがない場合もあるため、そのような時はより一般的な表現に置き換える柔軟性も必要です。結局のところ、相手が理解しやすく、かつ適切な敬意を表す言葉を選ぶことが、ビジネスマンとしてのコミュニケーションの鍵となります。

類語や言い換え

ビジネスシーンでは、さまざまな場面で敬語を使い分けることが求められます。特に、何かを手に入れたことを伝える際には、相手に敬意を表しつつ、自分の成果を控えめに伝える表現が重宝されます。「落掌いたしました」という言葉もその一つですが、他にも似たような状況を表す類語や言い換えがありますね。

類語の一覧

・手中に収めました
 この表現は、目的としていたものをしっかりと自分のものにしたことを意味します。計画や努力が実を結び、望んでいた結果を得た際に使われることが多いです。





・確保いたしました
 何かをしっかりと手に入れ、自分の管理下に置いたことを表します。特に、他者との競争の中で勝ち取った場合に用いられることがありますね。

言い換えの一覧

・獲得いたしました
 競争の中で勝ち取ったり、努力の末に手に入れたりした成果や契約などを指します。積極的なアクションの結果として使われることが多いです。

・受注いたしました
 ビジネスにおいては、特にプロジェクトや仕事を正式に依頼されたことを指す言葉です。取引先からの信頼を得て、新たな仕事を開始する際に使われることがありますね。

これらの言葉は、状況や相手に応じて使い分けることが大切です。相手がどのような表現に馴染みがあるかを考慮し、適切な言葉を選ぶことで、スムーズなコミュニケーションが図れるでしょう。

ビジネスでの使い方

ビジネスシーンで「落掌いたしました」という表現を使う際には、相手に対する敬意を表すことが重要です。特に、新たなプロジェクトを受注したことを取引先に報告する際には、この言葉が非常に適しています。例えば、あなたが営業マンで、長い交渉の末に大きな契約を獲得したとしましょう。その成功を上司や同僚に伝える際に、「落掌いたしました」という言葉を使うことで、控えめながらも自分の成果を伝えることができます。また、この表現は、相手に対しても自分たちがしっかりと責任を持って取り組む姿勢を示すことができるのです。

具体的な文章例

たとえば、あなたがクライアントに対してプロジェクトの受注を報告する際には、「この度は貴社の新規プロジェクトに関しまして、落掌いたしました。今後ともより一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます」といった具体的な文章を用いることができます。このように伝えることで、相手に対して敬意を表しつつ、自社の責任感と今後の協力への期待を伝えることが可能です。しかし、相手が「落掌」という言葉に馴染みがない場合は、「受注いたしました」といったより一般的な表現に置き換えることも考慮する必要があります。大切なのは、相手が理解しやすい言葉を選ぶこと。それによって、スムーズなコミュニケーションを図ることができるのですね。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

ビジネスシーンにおける「落掌いたしました」のNG例

NG例1: 「落掌しました」

敬語を使わない表現です。ビジネスシーンでは、相手に対する敬意を示すために「いたしました」という謙譲語を付けるのが適切です。

NG例2: 「落掌してやりました」

相手に対して威圧的な印象を与える表現です。ビジネスでは相手を尊重する言葉遣いが求められます。

NG例3: 「落掌したった」

くだけた言葉遣いは、ビジネスシーンでは不適切です。正式な場では堅実な言葉遣いを心がけましょう。

NG例4: 「落掌いたしまして」

文法的に誤った使い方です。「いたしました」が正しい過去形です。

NG例5: 「落掌いたしましたけど何か?」

挑戦的な言い方は、相手に不快感を与える可能性があります。丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

NG例6: 「落掌いたしましたよ、びっくりした?」

相手を驚かせるような言い方は、ビジネスシーンでは不適切です。落ち着いた報告をすることが重要です。

NG例7: 「落掌いたしましたから、感謝してください」

相手に感謝を強要する表現は失礼にあたります。自然な感謝の気持ちは相手からの反応で感じ取るものです。

NG例8: 「落掌いたしましたので、これで安心ですね」

自己満足な表現は避けるべきです。ビジネスでは謙虚な姿勢が求められます。

NG例9: 「落掌いたしました。これで俺の勝ちだ」

競争を強調する言い方は、協調性を大切にするビジネスシーンには不向きです。

NG例10: 「落掌いたしました。さすが私ですね」

自己中心的な表現は、チームワークを大切にするビジネスの場では適切ではありません。謙虚さを忘れずに。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

上司への報告

「先程の会議で、新プロジェクトのリーダーを落掌いたしました。今後の進捗について、定期的に報告させていただきます」

部下への指示

「この度、重要なクライアントからの案件を落掌いたしました。チーム一丸となって取り組んでいきましょう」

同僚との情報共有

「あの大型案件、無事に落掌いたしましたよ。これも皆の協力のおかげです」

取引先への感謝

「この度は、貴社のプロジェクトを落掌いたしました。深く感謝申し上げます」

電話での受注報告

「お世話になっております。先ほどの入札ですが、無事に落掌いたしましたのでご報告申し上げます」

メールでのプロジェクト獲得の報告

「ご連絡いたします。新規プロジェクトにつきまして、落掌いたしました。詳細は後ほどお知らせいたします」

会議での成果発表

「本日の会議でご報告があります。期待されていた案件を落掌いたしましたので、今後の計画について話し合いたいと思います」

プレゼンテーションでの成功報告

「この度、競合他社を抑え、大型案件を落掌いたしました。これからの戦略についてご説明いたします」

社内メールでのお知らせ

「全社員の皆様へ。新たなビジネスチャンスを落掌いたしました。今後の方針については、追って会議を設けます」

営業成績の報告

「今月の営業成績についてですが、目標を上回る契約を落掌いたしました。皆様の努力に感謝いたします」

クライアントへのプロジェクト完了報告

「プロジェクトの完了に伴い、次期案件を落掌いたしました。引き続きよろしくお願いいたします」

新商品の受注報告

「新商品に関する市場の反応が良く、多数の受注を落掌いたしました。今後の生産計画を見直しましょう」

社外向けプレスリリース

「当社は、業界をリードする新技術に関する特許を落掌いたしました。これにより、市場競争力が一層強化されることを期待しています」

株主への報告

「株主の皆様にお知らせいたします。新たな投資案件を落掌いたしました。これにより、当社の資産価値はさらに向上する見込みです」

経営会議での戦略提案

「今期の経営戦略として、新規市場への進出を落掌いたしました。具体的な計画については、資料をご覧ください」

社内表彰式での受賞報告

「この度、業界の賞を落掌いたしました。これもひとえに社員の皆様の日々の努力の賜物です」

キャリアアップの報告

「私事で恐縮ですが、新しいポジションを落掌いたしました。今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします」

社内研修の成果報告

「研修プログラムを修了し、新たなスキルを落掌いたしました。これを活かして、業務に取り組んでまいります」

業務改善提案の承認報告

「提案した業務改善計画が承認され、実施を落掌いたしました。効率化に向けて、一緒に取り組んでいきましょう」

社内コンペの勝利報告

「社内コンペでのプレゼンが評価され、プロジェクトの実施を落掌いたしました。皆様の協力に感謝します」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。 上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

ビジネス手紙文例

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度は私どもの提案したプロジェクトにつきまして、貴社より正式な受注の通知をいただきましたことを、心より感謝申し上げます。

「落掌いたしました」と申し上げるべきこの喜ばしい報告を、まずは貴殿にご報告申し上げます。

今後とも、このプロジェクトが円滑に進行し、双方にとって有益な成果をもたらすことができますよう、社内一丸となって取り組んで参る所存です。

何卒、引き続きのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

新規プロジェクト受注に関する報告

・受注内容:XXXXXXXXプロジェクト

・受注日:XXXX年XX月XX日

・プロジェクト開始予定日:XXXX年XX月XX日

・担当者:XXXXXXXX

以上

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。 取引先への送付を例に作成しています。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度は弊社が提案いたしましたプロジェクトにつきまして、貴社より正式な受注の通知をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

「落掌いたしました」と申し上げるべきこの喜ばしい報告を、ここにご連絡させていただきます。

今後とも、貴社との更なる信頼関係の構築に努めて参りますので、変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

追伸:「落掌いたしました」のまとめ

ご覧いただき、いかがでしたでしょうか。それでは最後にまとめます。ビジネスシーンにおいて「落掌いたしました」という表現は、何かを手に入れたことを丁寧に伝える際に用いられます。この言葉は、相手に対する敬意を表しながら、自己の成果を控えめに伝えるために適しています。しかし、相手がこの表現に馴染みがない場合は、より一般的な「受注いたしました」などの言葉を選ぶことが望ましいです。

ビジネスマンとして、相手に適切な言葉を選ぶことは、信頼関係を築く上で非常に重要です。言葉一つで相手の印象が大きく変わることもあるため、状況に応じて柔軟に対応することが求められます。今回ご紹介した「落掌いたしました」をはじめ、類語や言い換えを上手に使い分けることで、よりスムーズなコミュニケーションが可能になります。

最後に、言葉は時とともに変化するものです。常にアンテナを高く持ち、新しい表現や変わるビジネス環境に適応していくことが、私たちビジネスマンには求められています。今後も、適切な言葉選びを心がけ、ビジネスシーンでの成功を目指していきましょう。



【スポンサードリンク】


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します