「落ち着かれてから」のNG例とお勧め文例20選

目次




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



ビジネス敬語「落ち着かれてから」の使い方と心得

ビジネスシーンでのコミュニケーションは、相手に敬意を表し、スムーズな関係構築が求められます。そんな中、「落ち着かれてからで結構です」という表現は、相手の心情を配慮した上で、余裕を持って対応を促す際に役立ちます。この言葉を覚えておくといいおすすめ度は、100点満点中80点です。なぜなら、この一言が相手に安心感を与え、信頼関係を築く上で非常に効果的だからです。しかし、使い方には少し注意が必要です。適切な場面で、適切なタイミングで使うことが大切ですね。

「落ち着かれてからで結構です」という表現の意味

ビジネスマンとしての経験から

私の経験上、ビジネスの場では、相手のペースを尊重することが非常に重要です。ある時、私は新しいプロジェクトの提案を部下に任せていました。彼は熱心で有能なのですが、その日は何かと落ち着かない様子でした。提案の準備に追われ、明らかに緊張している。そんな時、私は彼に「落ち着かれてからで結構です」と声をかけました。この一言が彼にとってどれほど心強かったか、後になって彼から感謝の言葉をもらったことがあります。この表現は、相手に余裕を与え、最高のパフォーマンスを引き出すための魔法のような言葉なのです。

相手を思いやる表現として

「落ち着かれてからで結構です」という言葉は、相手に対する思いやりを表すのに適した表現です。ビジネスでは、時には予期せぬ事態が発生し、相手が対応に追われることもあります。そんな時、このフレーズを使うことで、相手に対して「今すぐに結果を出さなくても大丈夫ですよ」という安心感を提供できるのです。実際に、クライアントが何かしらの問題で忙しそうな時にこの言葉をかけたところ、彼らは感謝の意を示し、その後の関係がより良いものになった経験があります。相手の立場に立って考え、適切なタイミングでこの表現を使うことが、ビジネスマンとしてのコミュニケーションスキルを高める秘訣ですね。

類語や言い換え表現

ビジネスシーンでの類語の使い分け

「落ち着かれてからで結構です」という表現は、相手に対して余裕を持って行動してもらいたいときに使う言葉です。しかし、状況に応じて、さまざまな類語や言い換えが可能です。以下にいくつかの例を挙げてみましょう。





・「お急ぎでなければ後で構いません」 この表現は、相手が忙しい様子を察して、急がなくても良いことを伝えたいときに適しています。

・「時間があるときで大丈夫です」 こちらは、相手の都合を最優先に考え、無理なく対応してもらいたいときに使う言葉です。

・「ご無理をなさらず、後ほどで結構です」 このフレーズは、相手に無理をさせたくないという気持ちをより丁寧に表現したい場合に役立ちます。

・「ご検討の上、お返事いただければ幸いです」 特に意思決定を求められる場面で、相手に十分な時間をかけて考えてもらいたいときに用いられます。

言い換えのニュアンスとその効果

これらの言い換え表現は、それぞれ微妙にニュアンスが異なりますが、共通しているのは相手に対する配慮です。ビジネスマンとしては、相手の立場や状況を考慮し、最も適切な言葉を選ぶことが大切です。たとえば、緊急性が低い案件に対しては「時間があるときで大丈夫です」と伝えることで、相手に余裕を持たせることができます。一方で、相手が何かに追われているような場合には、「ご無理をなさらず、後ほどで結構です」と言うことで、相手の負担を軽減することが可能です。これらの表現を使い分けることで、スムーズなコミュニケーションを図り、相手に好印象を与えることができるでしょう。

ビジネスでの使い方

ビジネスシーンにおいて、「落ち着かれてからで結構です」という表現は、相手に対する細やかな配慮を示すことができる重要なフレーズです。特に、緊急性が低い場合や、相手が何らかの理由で動揺しているときにこの言葉をかけることで、相手に余裕を持って行動してもらうことができます。例えば、あなたが上司である場合、部下がプレゼンテーションの準備に追われているときに、このフレーズを使って彼らに時間を与えることができます。これにより、部下はプレッゼンテーションの質を高めるために必要な時間を確保できるわけです。

また、クライアントとのやり取りにおいても、この表現は非常に有効です。たとえば、あなたがクライアントからの報告を待っている状況を想像してみてください。クライアントが他の緊急事項に対応している場合、あなたは「落ち着かれてからで結構です」と伝えることで、クライアントに対して理解を示し、同時にストレスを軽減させることができます。このような配慮は、長期的なビジネス関係を築く上で非常に価値があるものです。結局のところ、ビジネスは人と人との関係で成り立っているため、相手の立場を尊重し、心地よいコミュニケーションを心がけることが成功への鍵となるのです。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

ビジネスシーンにおけるNG例とその理由

NG例1: 「落ち着かれてからで結構ですよ、急いでください」

この表現は矛盾しています。「落ち着かれてからで結構です」と言いながら「急いでください」と迫るのは、相手に混乱を招く可能性があります。

NG例2: 「落ち着かれてからで結構ですけど、今すぐやって」

「今すぐやって」という命令形は、「落ち着かれてからで結構です」という配慮のある表現と相反し、相手にプレッシャーを与えるため不適切です。

NG例3: 「落ち着かれてからで結構ですから、明日までには終わらせて」

期限を設けること自体は問題ありませんが、締め切りを明示しながら「落ち着かれてから」と言うのは、メッセージが一貫していないため適切ではありません。

NG例4: 「落ち着かれてからで結構です。でも、できれば今日中に」

「できれば今日中に」という表現は、相手に無理を強いることになりかねず、「落ち着かれてから」という言葉の意図を損ないます。

NG例5: 「落ち着かれてからで結構です。さっさとしてください」

「さっさとしてください」という表現は、急かす意味合いが強く、相手に対する敬意が感じられないため、ビジネスシーンでは不適切です。

NG例6: 「落ち着かれてからで結構です。でも、遅れたら責任取ってね」

責任を取ることを前提に話すことは、相手に不安を与え、信頼関係を損ねる可能性があるため、適切な表現とは言えません。

NG例7: 「落ち着かれてからで結構です。でも、遅くなったらどうするんですか?」

相手に対する不信感を表すような質問は、相手を不快にさせる可能性があり、敬意を表す表現としてはふさわしくありません。

NG例8: 「落ち着かれてからで結構です。でも、早くしないと損しますよ」

相手に損をする可能性を示唆することは、プレッシャーをかけることになり、穏やかな対応を促す「落ち着かれてから」という意図に反します。

NG例9: 「落ち着かれてからで結構です。でも、他の人はもう終わってますよ」

他の人と比較することで、相手に焦りを感じさせることは、敬意を持って待つという「落ち着かれてから」という表現の趣旨にそぐわないため、適切ではありません。

NG例10: 「落ち着かれてからで結構です。でも、私は忙しいので」

自分の都合を前面に出すことは、相手に対する配慮が欠けていると受け取られる可能性があり、ビジネスシーンでの敬意あるコミュニケーションとは言えません。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

上司と部下の会話での使用例

「報告書の提出は、落ち着かれてからで結構です。しっかりと内容を吟味してください。」

「プレゼンの準備、焦らずに落ち着かれてからで結構ですよ。大事なのは質ですから。」

「先日の会議のフィードバック、落ち着かれてからで結構です。じっくり考えてみてください。」

「新しいプロジェクトの企画案、落ち着かれてからで結構です。充分に練り上げてくださいね。」

「研修の感想文、落ち着かれてからで結構です。実際に仕事に活かせる点を中心に書いてみてください。」

同僚間の会話での使用例

「昼食後の資料チェック、落ち着かれてからで結構です。お互いにミスは避けたいですからね。」

「今日のミーティングの議事録、落ち着かれてからで結構です。しっかりとまとめてください。」

「出張の報告書、落ち着かれてからで結構です。詳細にわたる情報が必要ですから、時間をかけてください。」

「プロジェクトの進捗報告、落ち着かれてからで結構です。正確な情報をお願いします。」

「エラーの原因分析、落ち着かれてからで結構です。根本的な解決策を見つけてください。」

取引先との会話での使用例

「契約書の確認、落ち着かれてからで結構です。細部にわたってご検討ください。」

「見積もりの再提出、落ち着かれてからで結構です。より精度の高い数字を期待しています。」

「プロジェクトのスケジュール調整、落ち着かれてからで結構です。お互いの都合を考慮してください。」

「製品の不具合に関するご報告、落ち着かれてからで結構です。詳細な情報をお待ちしています。」

「次回の打ち合わせの日程調整、落ち着かれてからで結構です。ご都合の良い時を教えてください。」

電話のやり取りでの使用例

「お問い合わせに関する回答は、落ち着かれてからで結構です。正確な情報をお伝えしたいので。」

「会議のアポイントメント、落ち着かれてからで結構です。お手すきの時にご連絡ください。」

「サービスの改善提案、落ち着かれてからで結構です。じっくりと考えていただければと思います。」

「納品日の確認、落ち着かれてからで結構です。スケジュールを再確認してからで問題ありません。」

「トラブルの解決策についての相談、落ち着かれてからで結構です。慌てずに対応しましょう。」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。 上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

ビジネス手紙文例:上司への対応依頼

拝啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、先日のプロジェクト会議にてご指摘いただいた資料の件ですが、現在、関連データの精査を行っております。資料の完成にはもう少し時間を要する見込みです。

つきましては、「落ち着かれてからで結構です」とのお言葉に甘え、資料の提出を少々遅らせていただけますと幸いです。ご多忙のところ恐縮ですが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

資料が整い次第、速やかにご報告させていただきますので、今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

敬具

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。 取引先への送付を例に作成しています。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

先日は貴社における緊急のご相談に迅速に対応いただき、誠にありがとうございました。

関連する資料のご提出につきましては、ご多忙のことと存じますので、「落ち着かれてからで結構です」。

貴社のご都合が良いタイミングで結構ですので、無理なさらずご対応いただければ幸いです。

今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

追伸:「落ち着かれてからで結構です」の心構え

ご覧いただきいかがでしたでしょうか。それでは最後にまとめます。この表現は、相手に対する思いやりと配慮を示すために非常に有効です。しかし、使う際には相手の立場や状況をよく考え、適切なタイミングで伝えることが重要です。また、相手が本当に落ち着く必要がある場面でのみ使用し、緊急性が高い場合には避けるべきです。ビジネスマンとしての経験から言うと、このような配慮ができる人は周囲からの信頼も厚く、円滑なコミュニケーションを築く上で大きな強みとなります。今後も、相手を尊重し、心地よい関係を築くために、この表現を適切に使い分けていただければと思います。



【スポンサードリンク】


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します