「落ち着いてください」のNG例とお勧め文例20選

目次




この記事を書いた人

使える「ビジネス敬語.com」編集チーム

月間40万PVを越えるビジネスパーソン向けメディア。日々のビジネスシーンなど、あらゆるシーンで、是非ともご活用ください。



「落ち着いてください」の意味と使い方を解説

日常生活やビジネスシーンで、相手を落ち着かせたい瞬間は少なくありません。そんな時に役立つのが、「落ち着いてください」という言葉です。この言葉を覚えておくといいおすすめ度は、私から見て80点です。なぜなら、相手を安心させ、状況を穏やかにするためのコミュニケーションスキルとして非常に有効だからです。ただし、使い方には注意が必要で、相手に不快感を与えないように心がけることが大切です。それでは、この言葉の意味や使い方について、詳しく見ていきましょう。

「落ち着いてください」とは

ビジネスシーンでの経験

私はビジネスマンとして、数々の緊張感あふれる場面に遭遇してきました。特に印象深いのは、大きなプロジェクトのプレゼンテーションの際です。チームメンバーが緊張で言葉に詰まった時、私は彼に「落ち着いてください」と声をかけました。その言葉が彼にとって、混乱の中での一つの支えとなったようです。彼は深呼吸を一つし、再び自信を持ってプレゼンを続けることができました。この経験から、「落ち着いてください」という言葉が、相手に安心感を与え、集中力を取り戻す助けになることを実感しました。

言葉の力と使い方

「落ち着いてください」という言葉は、ただのフレーズ以上の力を持っています。ビジネスの場では、時には予期せぬトラブルや緊急事態が発生します。そんな時、周囲がパニックになりがちな中で、この言葉は冷静さを取り戻すためのキーワードとなり得るのです。ただし、この言葉を投げかける際には、相手を尊重し、落ち着きをもって伝えることが重要です。相手が緊張やプレッシャーを感じている時には、特にその言葉の一つ一つが相手の心に響くものですから、優しく、かつ確かな声で伝えるべきです。そうすることで、相手は自分の内面に目を向け、落ち着きを取り戻すことができるのです。

類語や言い換え

同じ意味を持つ類語

「落ち着いてください」という表現には、いくつかの類語があります。これらは、状況に応じて使い分けることができる言葉です。以下にいくつかの例を挙げてみましょう。

・「冷静になってください」 – 感情を抑え、理性的な判断を求める時に使います。

・「平静を保ってください」 – 混乱や動揺を抑え、落ち着いた状態を維持するよう促す時に適しています。





・「慌てないでください」 – 急な出来事やプレッシャーの中で、焦りを抑えるように求める時に使われます。

これらの言葉は、相手に対して冷静さや落ち着きを求める際に、適切な選択肢となります。状況や相手の感情に応じて、最も適した言葉を選ぶことが大切です。

言い換えの表現とその使い方

また、「落ち着いてください」という言葉を直接使うのではなく、言い換えて伝えることもあります。こうすることで、相手に対する配慮を示すことができます。言い換えの一例を見てみましょう。

・「深呼吸してみましょう」 – 相手にリラックスを促し、心を落ち着けるための具体的な行動を提案する時に有効です。

・「ゆっくり考えましょう」 – 急がずに、じっくりと物事を考える時間を持つよう促す時に使います。

・「一歩後ろに下がってみましょう」 – 物事を客観的に見るために、一時的に距離を置くことを勧める時に役立ちます。

これらの言い換え表現は、相手に対して柔らかく、しかし明確に意図を伝えるために有効です。状況に応じて、これらの言葉を使い分けることで、相手に安心感を与え、より良いコミュニケーションを図ることができるでしょう。

使い方と注意点

適切な使い方

さて、「落ち着いてください」という言葉を使う際には、相手に対する配慮が非常に重要です。例えば、会議中に意見が対立して感情が高ぶってしまった同僚に対して、この言葉をかける場合を考えてみましょう。ここで大切なのは、ただ単に「落ち着いてください」と言うのではなく、その前に「皆さんの意見、とても大切だと思います。ただ、少し感情が高まっているようですので、一度深呼吸してみませんか?」といったように、相手の意見を尊重する姿勢を見せつつ、落ち着くための具体的な行動を促すことです。このように、相手を尊重し、具体的なアクションを提案することで、相手は自分の感情をコントロールしやすくなります。

注意すべきポイント

また、「落ち着いてください」という言葉をかける際には、その言葉が相手にとってプレッシャーにならないように、声のトーンや表情、話し方にも気をつける必要があります。たとえば、子供が試験の結果に落ち込んでいる時に、「大丈夫、落ち着いて。次はもっと頑張れるよ」と優しく励ますことで、子供は安心感を得て、前向きな気持ちに切り替えることができるでしょう。この場合、声のトーンを落として穏やかに、そして表情を優しくすることが、言葉の意図を相手に伝える上で効果的です。言葉だけでなく、非言語的なコミュニケーションも大切にすることで、相手に寄り添った支援ができるのです。

NG文章例10選

それでは次に、この文章を使用するにあたっての注意点をご紹介しましょう。文法的には間違っていなくても、相手に誤解を与えるケースもあるため注意が必要です。

ビジネスシーンでの「落ち着いてください」のNG例

1. 上司に対して「落ち着いてください」

上司がプレゼンテーション中に「落ち着いてください」と言うのは、失礼にあたります。上司の立場を尊重し、適切な言葉選びが求められます。

2. 大声で「落ち着いてください」と叫ぶ

大声で「落ち着いてください」と叫ぶのは、相手を不快にさせる可能性があります。声のトーンには注意が必要です。

3. 顧客に対して「落ち着いてください」と命令形で

顧客に対して命令形で「落ち着いてください」と言うのは、顧客を不快にさせる可能性があります。もっと丁寧な表現を使いましょう。

4. 緊急時に「落ち着いてください」とだけ言う

緊急時に「落ち着いてください」とだけ言っても、具体的な行動指示が伴わないため、混乱を招く可能性があります。

5. ミーティングで部下を叱責した後に「落ち着いてください」

部下を叱責した後に「落ち着いてください」と言うのは、相手の感情を無視した過剰な表現となり得ます。

6. メールで「落ち着いてください」と繰り返し書く

メールで「落ち着いてください」と繰り返し書くのは、相手にプレッシャーを与える可能性があります。適切なフォローアップが必要です。

7. 交渉中に相手企業の代表に「落ち着いてください」

交渉中に相手企業の代表に「落ち着いてください」と言うのは、相手を小馬鹿にしているように受け取られる可能性があります。

8. 新人に対して頻繁に「落ち着いてください」と言う

新人に対して頻繁に「落ち着いてください」と言うのは、新人の自信を損なう可能性があります。適切な指導が求められます。

9. クライアントが怒っている時に「落ち着いてください」

クライアントが怒っている時に「落ち着いてください」と言うのは、火に油を注ぐことになりかねません。まずは相手の話を聞くことが大切です。

10. チームが締め切りに追われている時に「落ち着いてください」

チームが締め切りに追われている時に「落ち着いてください」と言うのは、状況を理解していないと受け取られる可能性があります。具体的な支援を提案しましょう。

おすすめの文章例20選

それでは次に、この文章のおすすめ文例です。あらゆるビジネスシーンで使えるようまとめました。

上司から部下への助言

「プレゼンの前には、深呼吸して落ち着いてください。冷静な判断が大切ですからね。」

部下が緊急事態に対応する際

「一度立ち止まって、落ち着いて状況を把握しましょう。そうすれば、適切な対応が見えてきますよ。」

同僚同士の協力

「焦らずに、一つずつ落ち着いて処理していきましょう。チームでサポートしますから。」

取引先との交渉時

「お互いに落ち着いて話し合いましょう。そうすれば、双方にとって最良の解決策が見つかるはずです。」

電話でのクレーム対応

「お客様、まずは落ち着いていただけますか?そうすれば、私たちも問題をスムーズに解決できます。」

緊急会議での発言

「皆さん、まずは落ち着いてください。冷静に情報を共有し、一緒に対策を考えましょう。」

プロジェクトの遅延に直面した時

「チーム全員で落ち着いて状況を見直しましょう。次のステップを冷静に決めていきます。」

新人教育時のアドバイス

「わからないことがあっても慌てないで。落ち着いて質問してくださいね。」

ミスをした部下への対応

「大丈夫です、落ち着いて次の対応を考えましょう。失敗は誰にでもありますから。」

会議での意見交換

「意見が対立しても、落ち着いて話し合いましょう。建設的な議論が大切です。」

プレゼン後の質疑応答

「質問には落ち着いて、明確に答えましょう。準備した知識が活きる時です。」

目標達成に向けたモチベーション管理

「目標に向かって焦らず、一歩ずつ落ち着いて進んでいきましょう。」

締め切り前の忙しい時期

「締め切りが迫っていますが、落ち着いて品質を保ちながら進めましょう。」

新しいプロジェクトの立ち上げ

「新しい挑戦はわくわくしますね。でも、計画段階では落ち着いて慎重に進めましょう。」

業務のミスを発見した時

「ミスを見つけたら、落ち着いて原因を究明し、再発防止策を考えましょう。」

チーム内のコミュニケーション

「意見が衝突しても、落ち着いてお互いの立場を尊重しましょう。」

ストレスが高まっている時

「ストレスを感じたら、一旦休憩して落ち着いてください。リフレッシュも大事です。」

業務の効率化を図る際

「新しいシステムに移行する時は、落ち着いて一つずつ確認していきましょう。」

社内研修でのアドバイス

「研修中は、わからないことがあっても落ち着いて質問してください。学びの機会ですから。」

組織変更が発表された時

「組織変更に伴う不安はあるかと思いますが、落ち着いて新しい環境に適応しましょう。」

手紙の文章例

この言葉を使用した手紙の文章例を一つご紹介します。 上司宛に部下が送るシチュエーションで作成しています。

ビジネスシーンでの手紙文例

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご指導を賜り、誠にありがとうございます。この度は、プロジェクトの進捗についてご報告申し上げます。

先日の会議にて、新規プロジェクトの立ち上げに際し、多くの課題が浮き彫りになりました。チーム一同、状況を打開すべく奮闘しておりますが、正直なところ、多少の混乱も生じております。

そこで、お忙しいところ恐縮ではございますが、落ち着いて今後の方針についてご一考いただけますと幸いです。私たちも冷静になって、より良い解決策を見出せるよう努めてまいります。

また、次回の会議にて、具体的な進捗状況と今後の計画について、詳細をご説明させていただければと存じます。その際は、貴重なご意見をいただけますと、チーム一同、心強く思います。

何卒、ご高配を賜りますようお願い申し上げます。

敬具

メールの文章例

この言葉を使用したメールの文章例を一つご紹介しましょう。 取引先への送付を例に作成しています。

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

先日は急な変更にも柔軟に対応していただき、誠にありがとうございました。

現在、プロジェクトにおける次のステップについて、いくつかの選択肢を検討しております。この段階で慌てることなく、落ち着いて最適な判断をしていただきたいと思います。

「落ち着いてください」と申し上げるのは、私たちの長期的な成功のためにも、冷静な分析と計画が不可欠だからです。ご一考の上、ご意見をお聞かせいただけますと幸いです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

敬具

追伸:「落ち着いてください」の使い心地

ご覧いただき、いかがでしたでしょうか。それでは最後にまとめます。日常生活やビジネスシーンで「落ち着いてください」という言葉は、相手を安心させ、冷静な判断を促すために非常に有効です。ただし、この言葉を使う際には、相手の感情や状況を慎重に観察し、適切なタイミングと方法で伝えることが重要です。言葉一つで人の心は大きく動かされます。相手に敬意を表し、共感を示しながら、落ち着いてもらうことができれば、より良いコミュニケーションが築けるでしょう。最後に、どんな状況でも冷静さを失わず、相手を尊重する姿勢を忘れないようにしましょう。



【スポンサードリンク】


リアルタイム速報。みんなの投票!お勧め文例は

[get_log_list num=7]

覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典163選

あいにくいただいたお電話でおかげさまで
おさしつかえなければおっしゃることはわかりますがおほめにあずかりまして
お引き立てにあずかりましてお気持ちはありがたいのですがお言葉に甘えて
お言葉を返すようですがお呼び立てしてお口汚しに
お構いもできませんでお骨折りをいただきましてお持たせですが
お時間をいただきたいお耳に入れておきたいお手すきの折に
お手をわずらわせてお手数ですがお心づかいをいただき
お世話になりますお世話様ですお足元が悪い中
お待たせいたしましたお知恵を拝借したいお答えするほどのことでは
お納めくださいお忙しい中をお名残り惜しいのですが
お名前はかねがねお目にかかるお目通し
お役に立てず
かえって気づまりですからかしこまりましたごもっともでございますが
ご希望に沿えずご教授願いますご健勝
ご賢察ご指摘いただきましてご承知のとおり
ご清栄ご足労ご多用中申し訳ありませんが
ご迷惑とは存じますがご容赦くださいご要望にお応えできず
さっそく調べましてさようでございますかすでにお聞き及びのことと
せっかくの誘いですがそこをなんとかその節は
それはお困りでしょう
ただいまつかぬことをとおしゃいますと
とんでもございません謹んで
なにとぞ、あしからず
ひとかたならぬひとつ確認させていただきたいひらに
ぶしつけなお願いでほんの気持ちですが
一言もありませんが
まことに不本意で
やぶさかでないよけいなことかもしれませんがよろしければ
よんどころない事情で
私でよければ私どもの不手際で私の一存では
私の考え違いでしたら私事で恐縮ですが
恐縮ですが駆け出しですが空茶ですが・粗菓ですが
君だから言うのだけど君を見込んで口幅ったい
合わせる顔がないのですが今、よろしいでしょうか催促がましいようで
至りませんで時下ますます失礼ですが
釈然としないのですが取り込んでいますので承服
深謝申し遅れて拙宅
折り返し説明が足りませんで存じます
長居をいたしまして
二、三、質問してよろしいですか念のため
不行き届きで
不退転の決意
不調法ですみませんが
別の見方をしますと
本当は言いたくないのですが
無理を承知で
力不足で
老婆心ながら
僭越(せんえつ)ながら
忸怩(じくじ)たる思いで
慙愧(ざんき)に堪えず
油を売る
ご査収
ご快諾
如才ない
相殺
ささやかですが
重々承知
承知いたしました
善処します
ちなみに
当方
予めご了承ください
ご存知
ひとえに
衷心より
賜る
不徳といたすところ
ご推察のとおり
ご提示いただいた
光栄です
幸甚に存じます
申し上げます
お気になさらず
ご了承ください
すべからく
ご指導ご鞭撻
お力添えをいただき
ご指南
ご厚情
ご高配を賜り
ご配慮いただき
致し方ない
ご参照ください
ご所望でしたら
気の置けない
かたじけない
よろしくお伝えください
先立って
かねてより
微力ながら
またの機会に
これもひとえに
お取り計らい
ご用命いただき
お力添えをいただき
ご尽力をいただき
蓋然性が高い随時連絡します